"食材・料理"の記事一覧

フーチャンプルーに挑戦

秋だからか、ここ数日食べ物の話ばっかりですね。今日は「フーチャンプルー」。沖縄の代表的な家庭料理です。 まずメイン材料、パリパリの麩。長さ約23センチ、大きいですよね。でももっと長いものも売っています。1本で1人分、あわせる卵が1個分。これを2センチ幅にザクッザクッと切って、水につけてもどす。次に溶き卵につけこむ。ざざっと焼いて、火が…

続きを読むread more

鳴き声以外は全て食べ尽くす

久米島には精肉店はないので、牛、豚、鶏、お店で売っている肉はほぼ冷凍肉です。産地もオーストラリア、アメリカ、デンマーク・・・いろいろです。おろしスーパーという店があります。名前は「おろし」ですが、観光客でも個人でも、誰でも入れる店です。 冷凍食品については量・種類共に島でいちばんの品揃えです。とくに肉は部位や用途別に分けられていて、1…

続きを読むread more

らーめんって、どうなのさ

以前にも少し書きましたが、沖縄そばの麺は、そばとはいってもそば粉は使っていません。小麦粉でできているので、内地風にいえばうどんですね。久米島には製麺工場が2つあって、この久米島産の麺を使ったものは、沖縄そばではなく久米島そばです。私はもっぱら、海洋深層水を使用した麺を買うことにしています。私、けっこう好きですよ。外食の時には普通のスープ…

続きを読むread more

比屋定の豆腐屋さんー豆腐編ー

ゆし豆腐の次は豆腐作り。作業工程がたくさんあって、どれも力仕事です。私の拙文ではとても十分に伝えきれません。 まずは、木綿の布を敷いた木箱にゆし豆腐をたっぶり詰め込みます。箱がいっぱいになっても、その上にステンレスの枠を乗せ、まだまだ注ぎ込みます。しばらく置いておいて枠をとるとこんな感じ。豆乳がしたたり落ちます。箱と箱の間の部分や木枠…

続きを読むread more

刺身のおすそ分け

日曜日の夕方、真泊港。本物釣りクラブで出かけたところです。三線のおけいこが先生の都合で早く終わったので、魚のセリ市が立つ場所と日時を確認するために真泊港へ。目的は無事に達しましたが、あらあら、なにやら不思議な人影が。とれたての魚をさばいています。なんと鮮やかな手さばき。どんどん刺身用の短冊ができていきます。見とれてしまいました。 2人…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31