"久米島"の記事一覧

ナイナイのお見合い大作戦 in 久米島

今を去ること7年前の2013年、島は大騒動だったそうです。私ね、この番組、見たような気がする。初の外国人参加、というキャッチフレーズで思いだしました。もちろん当時は久米島のことなんてまったく知らないし、番組も途中までしか見ていないと思うし、だから細部も結末も知らないんだけど、こちらへきて、島の人や職場の同僚の話の端々から、こういうイベン…

続きを読むread more

バイバイ、仔牛くん

奇数月の18日は、久米島で牛の競り市が開かれます。土日に重なるとは限らないので、私は昨年の5月に一回見にいったきりです。その時はまさか、自分が関係者になるとは思ってもみなかったのでしたが、まあいろんな成り行きで今は私も肥育農家の妻、しかもこれから牧場の女主人になろうと企んでいるくらいですから、これはもう立派な関係者です。今回は冬のせいか…

続きを読むread more

新聞とろうかなあ

引っ越してきて約2ヶ月、新聞をとろうか、という話が出ました。久米島で宅配されるのは2種、沖縄タイムスと琉球新報です。たていどちらも全国紙の系列には入っていないので、この日の一面はこれこのとおり。アメリカとイランの戦争が始まるかもしれない、そしてカルロス・ゴーンは国外逃亡に成功したというのに、豚コレラですか。やっぱりネットでいいか、という…

続きを読むread more

私の考えた久米島観光コース

以前青年海外協力隊経験者(しかも私が行き損ねたジャマイカ^_^!)で、私同様島の中学で学習支援員をやっている人と、うちで朝ごはんを食べながら喋っていたことがあるんだけど、話題はなんとも中途半端な久米島の観光について、です。向かえにある小さな島を丸ごとリゾートホテルにして、バーデハウスからボートで送り迎えするなんていったら、内地の人にはそ…

続きを読むread more

機織りの季節

私の住む宇江城の里では、染色が終わり、また機織りの季節がやってきました。学校からうちまで、1000歩足らずの道のりでもこんな風景が見られます。納屋の隅に置かれた、染料となる植物。自分たちで山から切り出してくるのが基本なのでょう。このおうちでは、2階に染めた糸干し場もあります。また別のうちで。納屋の隅っこに置かれたままの織機。再び誰かが使…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31