"久米島"の記事一覧

無人島? 探検

久米島の近くには島が2つあります。オウ島とオーハ島です。オウ島との間には橋が架かっているし、この島にはハブがいないのでキャンプ場もあります。海洋深層水のバーデハウスやウミガメ館もあります。オーハ島の方は、最盛期は20世帯くらい?あって、電気もガスも通っているけれど、現在1世帯だけ、住んでいます。だから、正確には無人島ではないんだけどね。…

続きを読むread more

離島メガネ事情

島でメガネをなくしてしまいました。3月末にスリランカでなくして、5月に名古屋で新調したばかりなのに。即位礼の日の連休を使って名古屋へ戻ろうかとも思いましたが、さすが連休、名古屋ー那覇間の航空運賃が往復5万円台、そもそも久米島―那覇間はすでに満席でとれない。 ある日教員宿舎の駐車場で、車の足元に何かきらりと光るものを発見。メガネのレンズ…

続きを読むread more

新しいフェリーの内覧会に行ってきました

名前は海邦(かいほう)、新造船です。7月1日就航の前日、久米島兼城港フェリー乗り場で内覧会が行われたので、行ってきました。乗組員のみなさんは、最後の準備に余念がありません。船体の白さが、青い空にまぶしい。デッキでは、島の家族連れが楽しそうに散歩していました。カメラは持って行ったもののメモリーを忘れて、内蔵メモリーを使ったから3枚しか撮れ…

続きを読むread more

久米島の黒さーたー(黒糖)

久米島産、昔ながらの手作り純黒糖(向かって左)。おやつ村に売っています。ほのかな緑色がかかった茶色、噛まなくても舌でつぶせる柔らかさです。1かけら口にしただけで、右側の加工黒糖との違いが分かります。値段もずいぶん違うよ。純黒糖は加工黒糖の約7倍です。 職業人講話として、このお店のお嫁さんが学校へやってきて、興味深い話をしてくれました。…

続きを読むread more

島くとぅば(言葉)の優しさに包まれて

最近、「ゆたむに」という言葉を知りました。独り言という意味だそうです。「ゆた」は奄美・沖縄地方のシャーマンのことです。神の憑代として語る時の様子が独り言を言っているみたいということのようです。「朝比奈さん、またゆたむにしてる。」というふうに使います。1人暮らしだと、ゆたむにすることが増えるみたい。 体調を崩して、三線のおけいこを休…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29