"久米島"の記事一覧

サトウキビの収穫と三線

1月から、三線のおけいこが両日とも6時からとなりました。サトウキビのせいです。なぜサトウキビと三線のおけいこの時間が関係しているかというと・・・ 私の三線の先生は、普段はサトウキビを作っています。1月から3月まで、この3か月に、全てのサトウキビを収穫しなければなりません。なぜなら、島で唯一の製糖工場である久米島製糖が、この3か月しか受…

続きを読むread more

西銘(にしめ)の、陽だまりの中で

いつもの週末のように、島の図書室へ行った帰りです。今日はまだ野菜もいっぱいあるしなー、山里ゆんたくへ行くと買いすぎちゃうからやめようかなー、なんて思って車を走らせていたら、紬の糸を染色して干している風景を発見。西銘(にしめ)ユイマール、久米島紬の共同作業所です。久米島紬と呼ばれるものは、染色から織りまで、1人の職人さんがすることになって…

続きを読むread more

ぬちぐすいぬ午後

どんな意味か?答えは最後に書きます。それまで、読みながら想像してみてくださいね。 平日に、山を下りる用事ができてしまいました。用事が1つなら先送りを考えるんだけど、2つとなるとそうもいかない。1つ目は年末調整の書類提出です。名古屋だと、学校の事務職員さんに提出すればよかったんだけど、ここ久米島では、自分で町役場まで持っていくんだって。…

続きを読むread more

電子図書貸し出しが始まりました

11月3日から供用が始まりました。琉球新報の記事によると、電子図書館は国内ですでに78自治体が採用、沖縄県内では石垣市、宮古島市、多良間村で導入されているそうです。久米島町でも図書館整備を進めているため、実証事業地に選ばれたそうです。2年後には図書館が開館することになっているのに、なぜ実証なのか、そこはよくわかりませんが。早速登録してき…

続きを読むread more

「久米島の久米仙」泡盛工場の見学

久米島の久米仙へ。工場は学校のすぐ隣にあります。工場からは、毎朝ラジオ体操が聞こえてくるし、正午のサイレンも聞こえてきます。3年生3人のうち2人の家族の職場だし、もう1人も「おじいと一緒によく買いに来るさー」だって。見学する子どもがたったの3人ということで、めんどうがられるかと思いきや、「(人数が少ないと)楽でいいなあ」と歓迎されました…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29