"三線・音楽"の記事一覧

高杉晋作とトスカと遊びションガネー節と

三線のお稽古で、ただ今私がいちばん好きな曲、それは遊びションガネー節です。面影さえなければ忘れられるものをあのお方を忘れられる時もあるのだろうか楽しかったことが目の前にちらつき朝な夕なあなたのことばかりを思っている・・・というような歌詞です。 先生いわく、これは難曲だから、本来私程度のレベルで練習する曲ではないのだけれど、たまたま「三…

続きを読むread more

比屋定三線デビュー!! (演奏編)

まだ明るい夕方5時半、会はいつものごとく、教職員と保護者という学校関係者が時間前に現れ、あとは三々五々、ばらばらです。早く来た人から、勝手に飲み食いを始めます。遅れてくる人が悪い、というわけです。それは気楽でいいんだけど、Mさんもソケイさんもなかなか姿を見せないし、気が気でない私はビールを飲んでもちっとも酔えないさ。 サーうれーし恥ず…

続きを読むread more

ドキドキ「三線の日」

開始30分ほど前についたのですが、あちこちで音合わせなど、とても華やかな雰囲気でした。お琴も太鼓も用意万端です。「工工四の日」は子どもたちの踊りもあって、保護者や家族の参加も多かったのですが、今回は三線の演奏のみでずっと本格的、参加者もほとんどが演奏する人です。研究所ごとにかたまって席に着きます。私の属する仲宗根研究所の人数が多くて、び…

続きを読むread more

三線の日が近づいてくる

来たる3月4日は、ごろあわせで三線の日。島の三線愛好者が一堂に会します。12曲のうち6曲しか習っていない私には、すごいプレッシャーです。9月の「工工四の日」の時には、何も知らずに好奇心だけで飛び込んだからよかったようなものの、「ああいう場所で弾かないでいるのはその方が恥ずかしい、とにかく楽譜を見てついてくるように」と、今回は先生がちゃん…

続きを読むread more

「三線の日」のプログラム

3月4日は三線の日。島中の三線愛好家が集まって総弾きをします。そのプログラムが決まりました。全12曲です。習った曲は、うち6曲です。 未習の6曲は、がちがちの古典です。琉球の古典芸能に「組踊り」というものがあって、踊り、歌、楽器演奏、それに演劇としての要素も入っていて、どうもオペラのようです。内地の芸能で言うと歌舞伎になるのかな。歌舞…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29