"三線・音楽"の記事一覧

三線の日が近づいてくる

来たる3月4日は、ごろあわせで三線の日。島の三線愛好者が一堂に会します。12曲のうち6曲しか習っていない私には、すごいプレッシャーです。9月の「工工四の日」の時には、何も知らずに好奇心だけで飛び込んだからよかったようなものの、「ああいう場所で弾かないでいるのはその方が恥ずかしい、とにかく楽譜を見てついてくるように」と、今回は先生がちゃん…

続きを読むread more

「三線の日」のプログラム

3月4日は三線の日。島中の三線愛好家が集まって総弾きをします。そのプログラムが決まりました。全12曲です。習った曲は、うち6曲です。 未習の6曲は、がちがちの古典です。琉球の古典芸能に「組踊り」というものがあって、踊り、歌、楽器演奏、それに演劇としての要素も入っていて、どうもオペラのようです。内地の芸能で言うと歌舞伎になるのかな。歌舞…

続きを読むread more

とろいことを聞いてしまった・・・

とろいというのは名古屋弁で、ばか、動作などがのろい、鈍いというような意味です。 三線のおけいこ、入門初心者コースはなんとかクリア、初級コースになったかな、とぼつぼつ続けています。昨年のうちに、ついに兄弟弟子だった高校生は実質首になり、(練習ができないようだから、練習する時間がとれるようになったらまたいらっしゃい、と、 先生が貸与してあ…

続きを読むread more

アレンジ

ビアノの練習、続けています。勤務時間終了の午後4時になるといつもいそいそと体育館へ向かう私。花と畑の水やりもかねて、土日もたいてい学校へ出かけています。慣れてきたというか耳が肥えてきたというか、初めはあんなに感激した音楽室のグランドピアノも、今弾いている体育館のグランドピアノに比べると物足らなく思えてくるほどです。人間、贅沢にはきりがな…

続きを読むread more

てんさぐぅぬ花

てんさぐぅの花というのは、ホウセンカのことです。この歌、いつかは習うんだろうなと思っていましたが、ついにその時となりました。基本のキーだと、すごく高いんだよね。上のファまである。頭声でなら何とかなるんだけど、やっぱり三線には合わないと思うし、チンダミ(調弦)も習い始めたので、早く自分で下げられるようになるといいんだけど。 いつだったか…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31