"自然・環境"の記事一覧

にっくきカタツムリ

インパチェンスが全滅しました。挿し芽で増やして100くらいのポットを植えたのですが。那覇へ注文して送ってもらった分も、です。水のやりすぎで根くされしたのだろうか等いろいろと考えたのですが、どうもカタツムリが原因のようです。せっかく出てきてポットに植え替えたカスミソウとネモフィラの芽も、私が名古屋に戻っていた間に全滅です。 カタツムリと…

続きを読むread more

春よこい

大寒が過ぎて、寒さも底の久米島です。といっても、人の話ではどうも今年は暖冬、(そうでなくても最低気温が1ケタになることはまずないそうですが)これで寒い季節をやり過ごせるのであれば、実にありがたいと思う今日この頃です。タイトルの「春よこい」とは矛盾しますが、春はもう来ているのかもしれない。たとえば、ピンクのカスミソウとネモフィラの種を蒔い…

続きを読むread more

沢登りに挑戦

ほんとこの島は、というか比屋定は、なんでもありです。まさかまさか、学校でロッククライミングをすることになるとは。まあ、ロッククライミングも沢登りも、正しい定義は知らないんだけど、私にとってはどちらもおおごとであることには変わりません。 昼休み、学校畑へ菜っ葉を採りに行ったら、軽トラに乗ったmasa56さんに声をかけられました。「山の上…

続きを読むread more

気分はスターウォーズ

買いものなどで山を下りる時、島の周回道路をどちら周りで降りるか、それが問題です。図書室と三線のおけいことと、それ以外の時には時計回りで降ります。観光パンフレットでも推奨の道です。てぃーだ橋とつむぎ橋は高架橋なので、山を抜けて橋の上にかかった途端、ぱあっと目の前に大海原が広がります。サンゴ礁にあたる白波もグラディエーションの海の色も、です…

続きを読むread more

ゆったり ウミガメ館

久米島の周囲の海には、ウミガメが住んでいます。ウミガメ館はそれほど大きな施設ではありませんが、見ごたえがあります。久米島のウミガメの保護や繁殖に携わっています。館内の資料には名古屋港水族館のものもありました。名古屋港水族館のウミガメ放流実験にも参加しているとか。館内に設けられた産卵場です。ゆったりした気持ちになりたいときには、海を眺める…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29