"自然・環境"の記事一覧

気分はスターウォーズ

買いものなどで山を下りる時、島の周回道路をどちら周りで降りるか、それが問題です。図書室と三線のおけいことと、それ以外の時には時計回りで降ります。観光パンフレットでも推奨の道です。てぃーだ橋とつむぎ橋は高架橋なので、山を抜けて橋の上にかかった途端、ぱあっと目の前に大海原が広がります。サンゴ礁にあたる白波もグラディエーションの海の色も、です…

続きを読むread more

ゆったり ウミガメ館

久米島の周囲の海には、ウミガメが住んでいます。ウミガメ館はそれほど大きな施設ではありませんが、見ごたえがあります。久米島のウミガメの保護や繁殖に携わっています。館内の資料には名古屋港水族館のものもありました。名古屋港水族館のウミガメ放流実験にも参加しているとか。館内に設けられた産卵場です。ゆったりした気持ちになりたいときには、海を眺める…

続きを読むread more

大造じいさんと桜

なんと、まだ10月なのに寒緋桜が咲き始めました。例年なら1月に咲く花だそうです。台風が2つも続いたので、狂い咲きということもあるかもしれません。ニュースによると、本土でもそうらしいですね。でもね、狂い咲きというには、どの桜の木にも花がついているし、つぼみがけっこう膨らんでいるんですよ。どうなっちゃうんだろう。 この桜、桃と見まがうよう…

続きを読むread more

2度目のはての浜

台風さえこなければ、朝夕はともかく、日中は真夏に戻ったかのような久米島です。9月、2回目の3連休。暑い。海へ行くしかない。連休中日の朝、天気予報を見たら明日からは雨。これはいかん、どうしても今日行かなくっちゃと、8時19分に予約の電話を入れ、着替えて、車に飛び乗って、コンビニでおにぎりを買って、8時39分にはフィッシャリーナでお金を払う…

続きを読むread more

スキンダイビング、デビュー

シュノーケリングの楽しさはバヌアツで覚えました。当時、情けなくも50肩を抱えていたので、ダイビングのライセンスは取れなかった。でもね、シュノーケルでも十分ステキだったので、それで満足していました。 シュノーケルっていっても、水面だけなんだけどね。もぐれるようになったら、もっと楽しいだろうなあとは思っていて、で、いつかスキンダイビングに…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31