わたしもお墓詣り

行ってきましたよ。雨は降っていたけど、お墓前の広間? にはちゃんと屋根もついているから大丈夫。温室みたいな鉄骨が設置してあるので、その上にブルーシートをかぶせ、ござを敷けば大きな応接間? 接待所? が出来上がるのです。写真が青っぽいのは、ブルーシートですっぽりと包まれた空間だからです。いちばん奥まったところに香炉があり、その前にごちそうが並んでいます。以前は各家庭で作ったけれど、今は買ってくるそうです。香炉の背後にある石が墓室の入り口で、動かすには3人の力が必要なんですって。このお墓は40年ほど前に以前の場所から立ち退きになってここに移転したので、遺体のままでお墓に納められたのは1人だけ、町に火葬場ができたので、その後はみんな火葬されたそうです。久米島では7年後に洗骨をするんだけれど、ほんとうに大変なのよ、とおばあちゃん。なんだか申し訳ないくらいに歓待されて、ごちそうの写真を撮りたいと言ったら、ラップまで取りかねない勢いで、さすがにそれは遠慮しましたが。次々とおまいりに来るのは男の人で、みんないい加減に酔っています。女の人は接待のために自分の家の墓で待ちます。「どちらさまですか。」と聞かれます。そりゃあそうだよね。みなさんといろんな話をします。でも自分が話すのはいいんだけど、話しかけられる内容は半分もわかりません。 お墓前広間から、外を見たところ。海が見えます。気持ちのいい場所です。天気さえ良ければ、ピクニックにもってこいの場所です。といっても、おうちのすぐ近くなのですが。10基近くお墓が並んで…

続きを読む

旧十六日のお墓まいり

新聞に、こんな折込チラシが入りました。今年の2月20日は、以前にも書いたように、後生の正月だから。実際の店頭はこんな感じです。守礼紙銭というのがウチカビ(打ち紙、これは当て字だと思う)、つまり、お墓の前でご先祖様のために燃やすお金です。ハイキンググッズのような弁当パック、コップ、箸等が並んでいるのは、お墓の前で会食会をするからです。洗剤の箱は、親戚のお墓を回る時の手土産だと思われます。 山里ゆんたくのお店には、こんな張り紙も。おかあたちはきっと、ごちそう作りで忙しいんだね。学校も給食なし、午前中でおしまいです。久米島にお墓のない人にとっては、ただのお休み、ラッキー、というだけのことなんだけど、お墓のある人はそうはいかない、大変なようです。学校の先生で1人だけそういう人がいるのですが、若い娘さんなのに、私も行かなくちゃ、と、その日は飲み会の予定も入れられず、なんだか忙しそうです。なんでも、ほんの子どものころから連れて行かれるのが当たり前で、宿題もお墓の前でやっていたとか。 で私、図々しくも、お墓参りの様子を見に行ってもいい? と聞いてみました。あっさり、いいですよ、だって。え、内地ではないんですか? と逆に驚かれました。もちろん、ないです。だいたいが旧暦で何かやるということ自体がないんだから。それに、内地どころか、沖縄でも久米島と宮古島と糸満だけらしいんだから。まあお母さんは学校給食調理員、お父さんは町役場の観光振興課でお仕事ですから、私が行ってもそう嫌がられることはないのでしょう、と期待。さて…

続きを読む

久米島の古文書修復と久米島紬の日

3連休をはさんで帰省することにしました。現役の頃には考えたこともなかった有給休暇消化を考えはじめた頃、名古屋めし料理教室の材料買い出しという大義名分?が舞い込み、じゃあ帰ろうかなあ、と。有給はそれでも消化しきれないんだけどね。来年はもっと計画的に使えるようにします。 そしたらそしたら、私がいない間に久米島ではイベントがイベントがいっぱいあることがわかりました。 まず、久米島博物館で。そういえば先日3年生の子どもたちと見学に行った時、展示品が変わっていました。久米島紬や上江洲家関係の資料が並んでいました。この特別展に合わせたものだったのですね。 こちらはまだ期間も長いし、ミニ講演会にも参加できるからいいのですが、問題はこちら、「久米島紬の日」のイベントです。着付け体験に機織り、参加したいものばかり。この他にも、リズムフィットネス講座や山里ゆんたくでのアイランドカレー、なによりも寒緋桜の見頃も気になります。リズムフィットネスはというもので、久米島産業祭りの時に参加したかったのですが、時間が合わずあきらめたのです。またの機会に、ですね。 おまけ。あちこちにスミレの花が、たくさん咲いています。2月に入ったばかりなんだけど。とても小さいから、プランターか何かに寄せ植えにしてみたらどうかな。それとも、やはり野におけ、かな。

続きを読む

トゥシヌユールとソーグヮチ

久米島では、旧暦の行事がけっこう残っているようです。だから、正月は3回あります。新暦の正月と旧正月と、後生の正月です。農業や漁業は旧暦との関連が強いので、本島でも漁業の盛んな糸満や、久米島をはじめ離島では旧暦での習慣が残っているそうです。 トゥシヌユールは年の夜、つまり大晦日、今年は2月4日でした。Aコープの広告にはごちそう用食材の写真が踊っていました。ごちそうの内容はお盆の時と同じような感じでした。年越しそばは、沖縄そばのソーキそばです。ソーキとは、あばら骨つきの豚肉です。ところによっては、門松として背の高い笹を飾ったり、大漁旗を飾ったりするそうです。 2月5日は旧正月(ソーグヮチ)、学校では特別なことはいないものの、給食がお祝いメニューでした。内地の正月は餅正月、沖縄の正月は豚正月と言われるように、豚肉を使ったごちそうで、クープイリチー(昆布の炒めもの)、中味汁、赤米黒米入りの五穀ごはん、紅芋のゴマ団子です。そうそう、同僚が、法事だか葬式だかの日に、お惣菜用にクープイリチーを買って帰ったら、こんな日になぜめでたいものを買ってくるのかと叱られたことがあったとか言っていました。 おまけ。食べ物関連、とうことで。缶詰のポークビーンズと、缶詰のカットトマトと、学校畑の大根とにんじんを煮てみました。和風チリカーンといったところかな。生のニンジンの葉は飾りのつもりでしたが、なんのことはない、全部食べてしまいました。こちらではアメリカ風生活の影響で、いろいろな缶詰が売られていますが、どれもそのままでは…

続きを読む

後生の正月

旧暦1月16日は後生(グソウ、あの世のこと)の正月、今年は2月20日の水曜日、カレンダーにもジュールクニチとして、ちゃんと載っています。 この日の午後は、学校も休みになります。給食もなし、です。地域によって多少の違いはあるものの、だいたい沖縄全県でそうなるようです。以前久米島では、1日休みだったそうですが。 2月の予定表でこの休みを見つけ、これなんなの? と同僚に聞いても、んー、なんていえばいいんだろ、お墓参りかな、これはみんなが大きくやるんですよ、だって。清明(シーミー)みたいなもの?そうそう、そんな感じ、ですって。 3年生の子どもたちと久米島博物館へ行ってビデオを見たり学芸員の方にお話を聞いたりして、わかりました。後生の正月は、久米島や宮古島で盛んなのだそうです。シーミーはもともと首里(那覇)の士族の習慣が広がったものだそうで、久米島ではお盆とこの旧正月を華々しく執り行うのだそうです。お盆は、ご先祖様がうちへ帰ってきて家族と一緒に3日間を過ごすわけで、それは名古屋でもやっていたからよくわかります。そういえば、夏のお盆の時にも、3日間のうち1日は特別休暇をとれるのでした。旧正月というのは、こちらの世界の私たちの方があの世の方に寄っていって、ともに正月を祝うのですね。 で旧正月のジュールクニチに何をするかというと、ごちそうを持って墓参りです。お墓の前にシートをしいて、お参りした後みんなでごちそうを食べます。次から次へとゆかりの人がお参りにやってくるし、自分たちも出かけていきます。たいていの…

続きを読む