"歴史・伝統・文化"の記事一覧

お墓アンケートと里の秋

久米島で、公営墓地を作る計画があるそうです。全戸に町民の意向を確認するアンケートが配られました。その内容がとてもおもしろい。問題は、大きさと場所、この2点だと思います。「1坪」のお墓についてどう考えるか。1坪と言えば畳2畳ですよね。私は、そんな大きなお墓がなぜ必要なのか?と思ってしまうのですが、職場での反応はというと、「えっ、狭い」でし…

続きを読むread more

お墓がいっぱい

沖縄のお墓は、本土のものとはかなり違います。小さなおうちと言ってもいいくらいの大きさです。みんなが集まれるよう前庭が広いところなど、まったく現実の家(町は別。田舎の家。)と同じです。写真は昭和に作られたお墓で、石とコンクリートの併用のようです。 戦火の被害が比較的少なかった久米島では、昔ながらのお墓がたくさん残っています。本土の墓地や…

続きを読むread more

観月会の夜、獅子は踊る

兼城(かねぐすく)。フェリー乗り場のある集落です。中秋の名月を愛でる習わしはこちらでも同じようで、うちの隣の宇江城でも成人会が観月会を開いていました。三線の先生も敬老会があるからとおけいこを早じまいしたし(おかげで、マグロとシイラの刺身天国を味わったわけです)。そういえば、次の日の給食はスコッチエッグ、デザートには月見団子がついてきまし…

続きを読むread more

お盆とエイサー 番外編

南謝門(なんじゃもん)。お盆も終わって静かになったころ、うちからいうと島の反対側なので、車でふらっと出かけました。 鳥居があるから、神社なのかな。 鳥居の根元には歌碑もありました。久米島は歌碑だらけだからね。ここでは全島角力大会も行われます。くぐると本殿?です。琉球の赤瓦。内部。香炉があります。屋根裏にはられた植物までかわいらしい。…

続きを読むread more

「琉球の歴史」を読んでいます

仲原善忠全集第1巻歴史編の中から、「琉球の歴史」を読んでいます。仲原善忠とは、久米島に生まれ育った人で、大正ー昭和期の地理学者であり、成城学園を支えた教育者でもあり、文学そして歴史をひっくるめての沖縄研究者でもありました。戦後彼が沖縄の中学生のために書いた歴史が「琉球の歴史」です。標準語で、しかも平易な言葉で物語を語るかのような口調で書…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29