"比屋定周辺"の記事一覧

宇江城の散歩道

宇江城の人に名古屋のお土産を届けがてら、散歩。このメドゥサの髪のような植物、ドラゴンフルーツだよ。伸び伸びを通り越して、こんなにも縦横無尽に育ってしまうんだね。ドラゴンの名も、案外こんなところからきているのかも。 道の傍らに、なにやらお手製の一画。子どもが秘密基地を作るみたいなもんだね。どんな人が作ったんだろう。とってもお気に入りの場…

続きを読むread more

宇江城のシーサーたち

「比屋定のシーサーたち」の姉妹編です。比屋定の散歩にちょっとあきたから、隣の宇江城に足を伸ばしてみました。ここも学区で、こちらの方が広いし人も多いです。比屋定から比屋定小へ来ている子は1人だけ、他の子は宇江城から来ているんです。 宇江城のシーサーは、手作り感あふれる個性的なものがあって面白い。 このシーサーは、多分やちむん土炎房で教…

続きを読むread more

宇江城城

宇江城(うえぐすく)城跡。標高300メートル、久米島最高峰の宇江城岳の上にある古城跡です。比屋定の隣の集落が宇江城(うえしろ)、だから学区です。360度の見晴らしが楽しめます。戦後まで城跡はかなり残っていたそうなのですが、戦後米軍がレーダー基地を作る際に、門なども壊されてしまったそうです。発掘調査は行われましたが、現在の道は、基地工事の…

続きを読むread more

秘密の場所

秘密というほどでもないのですが、比屋定バンダ。バンダは崖という意味です。展望台があります。金曜日の夕方、学校帰りに家を通り越してそのままここまで来て、眼下に広がる海や島や、港などをながめてぼーっとしたりすることも。天気が悪い時でも、風や波の音を聞いていればそれでいい。遠くに、はての浜が見えます。展望台から見た比屋定の集落。 うちからは…

続きを読むread more

熱帯魚の家

初めてパンフレットでこの言葉を見たとき、なんのことか? と思いました。「自然海岸の一部に熱帯魚の集まるスポット。 波がなく水面が鏡のような時はまるで水族館のよう。」という説明を読んでも、やはり???でした。しかも、地図だと我が家のすぐ近くなのです。久米島に来たら、いちばんに行ってみたいところでした。 まだ車がない時だったので、とことこ…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31