"学校・環境"の記事一覧

またハブか?

昼放課にタマネギの苗を植えていたら校長先生が仕掛けに何かがかかっているのを発見。 仕掛けを下からのぞいて見たら、かかっていたのはハブではなく、無毒のアカマタでした。左はえさのハツカネズミ、また生きています。右側には、とぐろをまいたアカマタ。名前の通り、赤い帯がどぎついです。わなを仕掛けた環境保全課に問い合わせだところ、こちらで逃し…

続きを読むread more

続・比屋定植物楽園

私の名付けた? 比屋定植物楽園。広大な学校敷地に負けず劣らず、校長先生の夢も広がります。職員玄関の近く、来訪者ならだれでも目にする場所に生えるガジュマルの大木。この木をもっと丸く小さく刈り込んで、盆栽風にするんですって。そしたら日当たりもよくなるから、根元にもいろいろな植物を植えることができるとか。ガジュマルが小さくなれば、その後ろの椿…

続きを読むread more

比屋定植物楽園

と、私が勝手に名付けてみました。久米島には、久米島熱帯果樹園と、南島食楽園というのがあって、なんとなく、その2つからの連想です。 比屋定校の校長が園芸大好きだと知れ渡るようになってからというもの、村の人からの植物の持ち込みが増えました。この鉢の木、すごいでしょ。同好の士、お花見パーティーの人から、植え替えるのも面倒だからあげるよという…

続きを読むread more

突然停電騒ぎ

台風13号による暴風警報が午前5時36分に解除され、この日は平常通り授業が行われる・・・はずでした。あと30分、午前6時まで持ってくれれば、午後から授業になったのに、などとぶつぶつ言いながら登校したら、なんと学校は停電でした。うちも大丈夫だったし、村の民家も大丈夫なのに。 電灯がないと、教室の中がすごく暗い。うちの学校って、南面して建…

続きを読むread more

来たけどすぐに帰ってもらったお客さん

お客さんの名前は、クメトカゲモドキといいます。写真は、「ホタルの国から」のホームページから拝借しました。 このお客さん、絶滅危惧種の中でも、第1類から3類まである中の最高ランクに属するのだそうです。 子どもが教室で見つけて、なんか変わっているから、教頭先生調べてください、と持ってきました。教頭先生は、どうもイヘヤトカゲモドキのようだ…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31