"学校・環境"の記事一覧

来たけどすぐに帰ってもらったお客さん

お客さんの名前は、クメトカゲモドキといいます。写真は、「ホタルの国から」のホームページから拝借しました。 このお客さん、絶滅危惧種の中でも、第1類から3類まである中の最高ランクに属するのだそうです。 子どもが教室で見つけて、なんか変わっているから、教頭先生調べてください、と持ってきました。教頭先生は、どうもイヘヤトカゲモドキのようだ…

続きを読むread more

めずらしいお客さん

琉球青蛇がやってきて、学校の一員になったことはすでに書きました。この子、毎日ミミズの生餌をもらって元気に過ごしています。 その後もお客さんは続きます。2人目? はなんと、アカショウビン。発見者の先生いわく、職員室で仕事をしていたら、何かがガラスにぶち当たったような音が。急いで外に出てみたら、アカショウビンが倒れていたんですって。透明な…

続きを読むread more

田んぼに網をかけました

今年は田植えが早かったので、学校水田の稲にもそろそろ実がついてきました。そこで、鳥に食べられないように網をかけます。去年は台風が次々とやってきたので風よけの意味もありましたが、今年はいくらなんでも台風にはまだ早いから、気楽です。骨組みの上にのせた網を、子どもたちが外側から手繰って、奥へ奥へと広げていきます。田んぼの中に入るのは大人だけ。…

続きを読むread more

新しい仲間たち

・・・といっても、人間じゃないんだけどね。ヤギのあかちゃんが2匹、生まれました。お母さん、ぐったりと疲れた様子です。ご苦労様でした。1匹はお母さんにくっついて、もう1匹は、お母さんから少し離れたところにいました。生まれたよ、とmasa56さんから連絡があってから1時間足らず、耳もたれて、まだ毛もぬれている感じです。子どもたちへのお披露目…

続きを読むread more

田植えが終わりました

田植え。学校田んぼは10坪くらい。今年は暖かかったので苗が早く育ち、昨年よりも1か月早い田植えです。田植えをする学校は、久米島でも2校だけです。 昼、やぎ小屋に絵を描いたあとの、ペンキだらけの皿や筆を洗っていたら、masa56さんに呼ばれたよ。何やってるの?手貸して頂戴って。まあ声をかけてもらえるのはいいことです。稲の苗の根についてい…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31