8月の女子会

こんなチラシを見つけました。これは行くしかないでしょう。 さすが久米島、10月になると素潜りはちょっときついけど、屋外レストランならまだまだOK、というわけですね。 このYUNAMI FACTORYですが、なかなかおもしろいところです。屋外だけど、どこかのラウンジみたいな一画。 アヒージョ、おいしかったよ。トリュフのガーリックポテトも。夜はつまみ中心の限定メニューだけだけど、昼もまた来て食べてみたいメニューがたくさんあります。会議が予定していたよりも長引いて、女子会のスタートも遅れて、ラストオーダーまで1時間しかないというせわしさでしたが、平日の夜でもあるし、十分に楽しめました。 ここのところ、夕食を夫の家でとっているのですが、べつに嫌ではないんだけど、これがなかなかしんどい。食事そのものはお義姉さんか夫が作ってくれるから、私の役目としては、もっぱらこれまでとはちょっと違う、明るい話題の提供といったところでしょう?私、もともとそうおしゃべりな方でもないし、そのためのネタ作りに頭を使っています。授業と一緒で、話すだけよりも何か資料があった方がいいしね。名古屋の家族や家やその近所の写真を持ってきて本当によかった。お義母さんもお義姉さんも、興味深げに見てくれました。いちばん見てほしい夫はというと、どうなんだか不明だけど。他にも、名古屋の学校の子どもたちや先生たちが作ってくれた寄せ書きとか。(そういうのはたいていいいことしか書いていないからね。) まあ慣れてくれば、もっと自然に…

続きを読む

たぶん40年ぶりのクラス会

高校3年生の時のクラス会です。クラス会と名のつくものは、私が参加しているのはこれ1つです。この会も、開かれたのは今回が6年ぶりの3回目、といっても2回め欠席の私はほぼ40年ぶり?、連絡をしてくださった幹事さんに感謝、です。 店で案内された部屋をのぞいても、だれの顔かもわからなくて、不安。それでも「朝比奈さんが来た」という声が聞こえて、あら、私はそう変わっていないのかしらなんて思ったりして。 43人のクラスで出席者は男性10名女性7名の計17名。60歳になる節目の年で、民間にお勤めの人はすでに退職を迎えたり、親の新盆ということでこの時期各地から名古屋へ戻ってきていたり。子どもの就職が決まってホッとしたり。長く会わずにいてもだいたいの状況は察して、すぐに話が弾むのがクラス会のいいところ。これからはりきって人生を楽しもうという人もいるし、はやばやと月10万円程度のアルバイトに切り替えて楽しんでいる人もいるし、(まあ私もその口かな)嘱託として残ってモチベーションをいかに保つかという人もいるし、本当にいろいろな人生が垣間見えます。特に入った企業の吸収・合併された方の側の人たちは大変だったみたい。ユニーも東海銀行もなくなってしまったのだから。そんなこと、誰も夢にも思わなかったよ。 首都圏から来た人も数人いましたが、今回いちばんの遠方から来たのは私です。沖縄でも離島、しかもこれから2度目の結婚をするなんていうのは、やっぱりというか、良くも悪くも特筆ものだよね。高校生の頃から変わっていたからなんて言われたけ…

続きを読む

おいしかった

1学期ももうすぐ終わる、ということで、学期末の慌ただしさにも追われ、ジェットコースターのような日々を過ごしている私です。その中で、ふらっと入ったお店「たか家」。まずはお通しと海ブドウ。車海老の刺身(頭がやわらかく揚げてある)、クチナジ(魚の名前)のマース煮など、他にもいろいろあったんだけど、食べるのとおしゃべりするのに忙しく、写真を撮るのを忘れた。女将さんは島の人ですが、学校を卒業した後名古屋の紡績工場へ行ったんですって。島には仕事がないから。占領下の沖縄から、パスポートを持って外国(日本本土)への集団就職ですね。休みの日に仲間と喫茶店でしゃべっていたんですって。Gパンをはいていたから、店の女の子に意地悪なことを言われたんですって。当時の本土では、Gパンなんて手に入らず、入ったとしてもとても高価だから、店の女の子にしたら見せびらかされているみたいで、やっかんだのでしょう。仲間とね、こそこそっとその店を出たんだけど、でもね、沖縄にはGパンしかなかったのよ、と女将さん。50年以上前の話です。 私が小学生の頃、名古屋の家の近くにも大きな紡績工場があって、女工さんがたくさんいました。学校からの帰り道、雨の中を濡れて歩いていた私に駆け寄って、傘をさしかけてくれました。お姉さんにもね、ふるさとにあなたと同じ年頃の妹がいるの、と言っていたっけ。小さな衣料品店を営んでいた母も、女工さんが、故郷の家族のために下着をたくさん買って行くと言っていました。きっとこの女将さんも、そういうお姉さんたちの1人だったんだね。 …

続きを読む

今月の女子会

先月から始まった女子会、予定していたホテルのあてが外れてしまいました。リゾートホテルのサンデーランチが、なんでラーメンセットなの!?ラーメンとチャーハンと餃子なんて、女子会にはちょっと・・・みんなとてもがっかりして、なんとなく立ち消えになったランチ、1人でもやるもんね、と、私は魚汁を食べにうみんちゅ食堂へ行ったのでした。 それで6月は終わりだと思っていたら、なんと「ねえねえ、6月の女子会、まだなの?」という声が。先回参加できなかった人です。楽しみにしていてくれたんだね。7月でもいいよ、という声は聞き流して、さっそく会を設定。この際アラカルトでもいいよねと、場所は島唯一のカフェ・レストラン「Back Shore」。4人で行ったので、パスタとピッッア各2品、計4品を注文。本日のビザ、ジェノベーゼソースとモッツァレラチーズ。生地は薄くてパリパリのクリスピー。 お店のスペシャル、なんでもかんでも全部のせピザ。こちらの生地は厚めで、何ものっていないふちっこがおいしい。いちばん人気の、車海老トマトクリームパスタ。島ラッキョウバスタ。玉ねぎみたいに見えるのが島ラッキョウです。これがね、予想外においしかった。島ラッキョウって、炒めてもおいしいんだね。これまで油味噌をつけて生でかじっていたけど、炒めて、コーレグース(泡盛で島唐辛子をつけたもの)少々とシークワーサーをたっぷりかけたらおいしいんじゃないかな。やってみたいけど、まず青切りみかんならぬ青切りシークワーサーを手に入れなくっちゃ。お店にはまだならんでいない…

続きを読む

女子会、スタート

残念会ランチがよかったので、シュノーケリングに続き、こちらも月イチを目指しています。たとえ1人であってもね。 久米島には大型リゾートホテルが3軒あるのですが、最近久米島アイランドリゾートホテルがランチに力を入れているみたいで、島のあちこちにチラシが張ってあります。残念会ランチもそれを見て出かけたんだけど、学校でその話をしていたら、なんと図書館の先生のご主人が和食のシェフなんですって。5月は寿司ランチで担当だから、名前を言ってくれればちょっとは得だよということで、即女子会の開催が決まったというわけです。まあ、3人+子どもだけどね。 ロビーは南国風、高い天井からの貝殻製ペンダントが目をひきます。灯りがともったらどんな感じになるんだろう。機会があればのぞいてみたいですね。 先回に引き続き、テラス席です。天ぷらも追加で頼みました。デザートの白玉アイスは、ダイエットのため断念。(口だけダイエットで運動はしていないけど、一応気にはしている。)お皿に敷いてある緑の葉を見て「これは南十字星のイメージかしら」と言えば、「そんなこと考えていないと思う」なんて妻の返事が即座に帰ってきたりして、おしゃべりも弾みました。図書の先生も以前ここで働いていたということで、いろいろと裏話が聞けました。内地から派遣として働きに来て、そのまま久米島に移住するケースがけっこうあるそうです。このホテルは大きな職場としては珍しく、島内の資本だということなので、(なるほど、それで楽天イーグルスのキャンプではこのホテルを使うのね)これ…

続きを読む