海洋深層水の日

台風のせいで2週間も遅れ、待ちに待ったイベントです。
海岸沿いの広い敷地を、町の車で移動しながら、工場見学です。
① 海洋温度差発電
② 農業部門(野菜の水耕栽培)・水産部門(車エビ)の結合
DSCN0607.JPGDSCN0612.JPG
上の写真は、
アオサの養殖。
久米島の強い日光の下で、
種の入った海水を
ぐるぐるかき回せば、
数日で1000倍にも
殖えるそうです。
左の写真は温室内で、
縦型水耕栽培のレタス。
夏には暑すぎて
葉物野菜が採れないんだけど、
冷たい深層海洋水のおかげで、
久米島では1年中
おいしいホウレンソウが
食べられます。
変わったところでは、
アイスプラント(単価が高い!)も
作っていて、
実際に町のスーパーへ
出荷しているんだって。


③ 海ぶどう養殖場
④ カキ陸上養殖
どれもこれも初めて見たり聞いたりしたものばかりで、
とにかくびっくりの一言です。

海洋深層水(これが何なのかはまた書くとして)は、
利用を希望する企業が目白押しだそうです。
海ぶどうにしても車エビにしても、生産が追いつかないほどだそうです。
深層水が足りない! もっと深層水があれば、どんどん生産もできるのに、
という話をあちこちで聞きました。
今日見てきたことだけで、1週間くらいブログが書けそうなほどです。
もちろんバザーで車エビの塩焼きと陸上生産のカキも食べてきました。
バッテリー切れで写真が撮れなかった・・・
海ぶどう。これで300円は安い!
なぜかスーパーなどでは買えないんだよね。
DSCN0624.JPG

この日は、朝アマゾンで注文した冷蔵庫がやっとやってきて、
(さすがに重いので船で来たらしく、8日間かかりました。
それでもこちらで買うより安いし、なんといっても種類が豊富だし。)
その後深層水イベントに行って、午後からは直売市に行って、三線のおけいこにも行って・・・
楽しくて忙しかった!
何より、食料でいっぱいになった冷蔵庫と氷があるのは幸せ。
注文したのとは色が違っていたけど、そんなの気にならないくらい。

"海洋深層水の日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31