みんな台風が悪い

金曜日、10時35分に台風25号の暴風警報が解除されました。
こういう場合、通常ならば午後から授業を行うので、
子どもたちも昼ご飯を食べた後に登校するのですが、
この日は暴風圏を抜けた後もとても風が強く、なかなか収まらず、
この日は全島の小中高等学校及び幼稚園は休校ですと、
防災無線で連絡が流れました。
停電でも携帯がダメでも、防災無線はOK。
田舎の必需品かな。
木曜日も3限目までで下校したし、
結局子どもたちは全日休校、合計4.5日の連休となったのでした。

教職員は、警報解除後1時間以内に出勤することになっているのですが、
子どもたちも来ないことだし、やはり昼食後の1時30分に出勤となりました。
この1時間以内というのは、まあ通勤時間を考慮してということですが、
うちなんて徒歩でも10分以内、
小さい久米島ではせいぜい30分くらいのものです。

簡単な打ち合わせの後、仕事をするなり、休暇をとって帰るなり、各自の判断で。
といってもみんなする仕事はあるんだし、帰りません。
私も社会科の工場見学の準備と理科の教材研究をしました。
工場見学は、学校の隣の久米仙へ。
確かに久米島を代表するものづくりの現場だし、保護者の職場でもあるし、身近だけど、
泡盛だもの、子どもは飲まないから、
良い製品を作るための努力や工夫といっても、どうなんだろう。
理科は、太陽・光・影と、天候に左右される教材などが続くので、
裏番組も用意する必要があり、ちょっと大変。

さて、私の勤務時間終了後、ピアノの練習をして職員室へ戻ってきたら、
あらら、なんだか様子が変。
みんなが集まって何かやっている。
DSCN1555.JPG
うさぎ小屋から連れてきたんだね。
とても立派なウサギ小屋なのですが、屋根はあっても壁は一方しかない。
台風の冷たい風雨にさらされて、ずぶぬれでふるえているところを、
ドライヤーで乾かしたり乾いた布で拭ったりしていたのでした。
DSCN1554.JPG

私がこちらへ来てから、台風には何度か襲われたけれど、
こんな情景を見たのは初めてです。
今回の台風がそれほどのものだったということでしょう。
ヤギはMasa56さんがちゃんと安全なところへ避難させているけれど、
(台風でなくても、ちょっとした雨降りの時でも知らぬ間に移動させてあります)
普段世話をしている低学年の子どもたちはもちろんのこと、
誰もウサギのことまでは思い及ばなかったんです。

濡れそぼってぐったりとしたウサギたち、なんとか元気になってほしい。
こんな心優しい人たちのいる学校に住んでいるんだから。


"みんな台風が悪い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31