続・博物館のようなお墓

博物館のような、と書きましたが、実はこれ、反対なんだよね。堂の比屋のお墓と伝えられる崖下の墓地へ行って、本物を見た私は、博物館によくあるジオラマを思い浮かべて、博物館のようなお墓というタイトルをつけたのでした。でも本来なら、この本物のお墓の様子をジオラマで再現するんですよね。素人目からすると、りっぱな文化財なんだけどなあ。平石を積み重ね…

続きを読むread more

玉ちゃん、久々登場!

玉ちゃんが子どもを産んでから2週間、ネタに困った時の玉ちゃん頼み?です(笑)。子どもたちもとってもしっかりしてきました。耳の折れているのが玉吉、ピンと立っているのがたまみ...のはずだったのに、いつのまにか2匹とも立っている!でもまあ、体の大きさの差は変わらないから、なんとかわかるけど。大きいほうが玉吉(手前)、小さいほうがたまみです。…

続きを読むread more

博物館で久米島紬展

もう本当にびっくり。だって会場の入り口に、こんな等身大以上の大きさの写真が飾られているんですよ。これ、私の大好きな場所、うちの牛舎の土地の内を流れている川です。「島嫁さんと久米島紬」に同じ場所の写真を載せたでしょ。季節こそ違うものの、間違いなく同じ場所、同じ方向から撮った写真です。こういう立派なパネルを差し置いて、ですよ。今年は久米島紬…

続きを読むread more

生きている屋号

屋号なんて、ずっと、商売をやっている人の話だと思っていました。ところが私の住む村、宇江城では、毎日屋号を聞かない日はありません。防災無線で流すこともあるくらいです。 屋号、うちにもあるんですって。イリンガーというそうです。イリは西、ガーは水が湧き出るところ。夫がいうには、今は泡盛の久米仙が大量に水を使うから枯れてしまったけれど、以前は…

続きを読むread more

座卓と座椅子と

沖縄の民家には普通一の座と二の座という二間続きの和室があるのですが、どちらの部屋にも座卓があるのが一般的です。でも座布団はないんだなあ、これが。知らぬ間に夫が実家から持ってきました。愛用の品、といった感じです。家族もお客さんも、来る人来る人みんなこれに座るからね。よそのうちへ行っても、必ず似たようなものがあります。アマゾンでチェックした…

続きを読むread more

続・働き方改革ってどうなのさ

安倍政権の提唱する働き方改革の余波がついに久米島にもやってきました。来年度の島の臨時的任用職員について発表された内容によると、同一労働同一賃金の観点から次のような点が改善されるそうです。ボーナスの支給(年1.17ヶ月)交通費の支給昇給制度導入休暇内容一部変更(結婚休暇5日の新設! あーあ、損した気分)日給の額は数百円下がったけど、ボーナ…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29