kindleファイアがやってきた

今回の帰省では、いつものノートパソコンは持ってきませんでした。どこかへ寄って遊んでいたわけでもないから、うちにあるデスクトップを使えばいいので。lそれであらためて思ったんだけど、身軽っていいです。古いノートパソコンだから、けっこう大きくて重い。 で、春休みに遊びに行く時用に、軽いのを欲しいなと思って、息子たちに聞いたら、何がしたいのって聞き返されました。まあ、フェイスブックとブログのアップと、メールのチェックと、あとはどこで何をするのかという、ちょっとした調べものくらいかな、と答えたら、そんなの全部スマホでできる、だからガラホなんてやめとけって言ったでしょとさんざん言われたものの、まあ見に行こうと連れられてビッグカメラへ。おすすめはサーフェスか富士通の最軽量ノートパソコン。サーフェスはおしゃれ、特にキーボードがおしゃれで、つまり、実用的ではない。すくなくとも私の視力にとっては。 富士通のノートパソコンは本当に素敵でした。でもすでに2台も持っている私は購入に踏み切れず、タブレット売り場へ。そこではたと気が付きました。あれ、キンドルファィアもタブレットじゃないか。kindleはそろそろ買い替え時期だと思っていたんだし。そんなわけで、あっという間にKindle fire が自宅にやって来ました。セッティングは息子がやってくれました。私好みのかな入力の設定が大変だったみたい。デフォルトでもGoogle日本語入力でも、私が慣れ親しんでいるqwerキーボードでのかな入力は設定がない。今時かな入力なんて、絶…

続きを読む

続・「ゆくい処笑島」で忘年会

2学期終業式の日、学校の忘年会当日です。(会場の説明については、こちらをどうぞ。)ちょうどクリスマスの夜ということで、お店は私たちの貸切ですが、おうちでパーティーをする人たちが、次から次へと予約のオードブルを取りに来ます。その中には保護者も。人気のお店です。 さて、お料理です。1人3500円で、飲み放題ではないけれど、飲み物もたっぷり。アルコール類はもちこみもOKです。 まずはオードブル。久米島近海でとれた魚介類のカルパッチョと、サラダ。サラダの具も、白身魚でした。 ソーキ(豚のリブ。骨は取ってあったけどね。)と大根、うずら卵の煮つけ。とってもやわらかくて、とろけそうでした。ほかにも、モッツァレラチーズがたっぷりのった焼きトマトや、油味噌(久米島産の味噌にいろいろまぜたもの)を包み込んだ卵焼きなど。メインがこれまたびっくり。ローストビーフに沖縄あぐー豚、ソーセージ、そしてお米を詰めて焼いたチキン。クリスマスだもんね。メインその2。ミーバイの蒸し焼き。ミーバイ(ハタの仲間らしい)には刺身よりも何よりも、蒸し煮やマース煮(マースは塩のこと。塩と泡盛で煮つけたもの)が似合います。淡泊な白身で、柔らかいから。そういえば、ご飯も汁ものもデザートもなかったけれど、飲むのが楽しいんだから、それでいいね。こういうところも、実質重視の久米島風かな。 でも、プレゼント交換はそうでもなかったです。バラエティにとんでいて、おもしろかった。久米島フェリーのペアチケット、高級柿の種、酒の肴セット、なしのお酒、スタバの…

続きを読む

アレンジ

ビアノの練習、続けています。勤務時間終了の午後4時になるといつもいそいそと体育館へ向かう私。花と畑の水やりもかねて、土日もたいてい学校へ出かけています。慣れてきたというか耳が肥えてきたというか、初めはあんなに感激した音楽室のグランドピアノも、今弾いている体育館のグランドピアノに比べると物足らなく思えてくるほどです。人間、贅沢にはきりがない。 ここ1年ほど同じアレンジャーの曲をずっと弾いていました。この2冊です。ピアノを弾かない人でも、CDを聴くだけでも価値はあると思う。ピアノソロ 「プロフェッショナル・ジャズ・ピアノ」 松本圭司 【CD付】ピアノソロ 「プロフェッショナル・ジャズ・ピアノ」 中島 徹 【CD付】 さすがにちょっぴり飽きてきたので、違った感じの楽譜を探そうかと思ったんだけど、なかなか見つかりません。仕方がないので、つなぎでいいか、クリスマスだし、と、ジングルベルの楽譜とこの冊子を買いました。月刊Pianoプレミアム 極上のピアノ2018秋冬号テレビドラマの曲はほとんど見ないから関係ないけど、ジャズ系の曲が3曲分入っていたので。 曲のアレンジって、難しいですね。装飾音がいっぱいでキラキラしていれば派手だけど、見かけ倒しになりがちだし、旋律に頼っただけのものは、リズムがおざなりで甘ったるいムード音楽になってしまうし。原曲に忠実なアレンジ、といえばそれはそれでいいんだろうけど、つまりは非個性的ということで、物足りない。Jazzのことなんて知らなかったのに、初めっからいいのを、そして難…

続きを読む

どっこも行くとこないもん または海人食堂続編

うちの学校では、保護者参加の行事がいつも日曜日に行われるので、月曜日は振り替え休日にはなるものの、連休ではなく飛び休になります。どうして行事を土曜日にしないのかなあ、土曜日だと保護者が参加しにくいのかなあ、なんて不思議に思っていたのですが、保護者の都合ではなく行政の都合らしい。振り替え休日は、日~土のその週のうちに取らないといけないので、土曜日に行事をすると、行事前に取らないといけなくなるんだって。ただでさえ忙しくなる行事前に、休みたい人はいないでしょ。確か名古屋では、振り替え休は1か月以内に取ればいいんじゃなかったかなあ。他にも、だーれもやってこない夏のお盆時期にも閉校させないなど、変なしばりがあって、先生たちも気の毒です。 そういうわけで火・水・木の3日(月はあかたけ発表会の代休)お仕事をした後の3連休。ちょっといつもの週末とは違うお休みにしたいな、どこかへ行ってみたいなと思っても、混んでいるところも嫌だし、だから別に那覇へ行きたいとは思わないし、いちばん行きたいのは隣りの渡名喜島なのですが、宿泊施設が少ないので、海水浴シーズンでもないのにすでに満員。おまけにフェリーも2艘のうち1艘がドッグ入りしているし、波も高いし、どうしたもんかなあ。 天気が良ければ、まだ通ったことのない道を通って、まだ行ったことのないところへドライブ、ぐうたらでちっともしていないハイキング、そんなところかなあ。それとも、「遊びにいらっしゃい」と言われてそれっきりになっているおうちへ行くか。でもね、遊びに行って何をする…

続きを読む

カメラがこわれちゃった

これまでのカメラは、だいたい4年半もったかな。バヌアツへ出かけるのにあわせて買ったので。夏にはての浜へ出かけたときに突然の雨に降られて以来、レンズカバーの開閉に支障が出てきました。液晶画面にも傷がついてしまったし。それでも使っていたのですが、ある日突然撮影モードの画面がピンク色になってしまい、ついにあきらめて新しいのを買いました。離島にいても、アマゾン経由でなんでも買える。 新しいカメラのコンセプトは「親子で使おう」なので、表示言語も「日本語・にほんご・English」の3択。ちょっとおもちゃっぽいし、画素数も以前のものより少ないです。けれども防水なのでほこりや水に対してタフだし、設定も楽です。ソフトを使わなくても、カメラで直接写真をいじって遊べます。こんなふうに。ちょっと楽しめそうです。新しいカメラでぜひ撮りたいのは星空です。満天の星空、広がる天の川。秋から冬にかけて空気が澄んでくることですし。夜空モードに簡単に切り替えられるこのカメラなら、私の腕でも撮れそうな気がしています。 せっかくの10m防水カメラ、久米島の海を泳ぐ魚たちを撮りたかったのですが、24・25号の2つの台風通過後、急に気温が下がってしまい、今日は、時に強い雨が吹き付ける気温23度、湿度59%。週末に予定していたスキンダイビングもキャンセル。来シーズンまでお預けかな。残念です。 おまけ。新しいカメラで撮った中庭の木立。裏山から、アカショウビンがよく飛ぶんできていたっけ。夏は葉がうっそうと茂って、体育館の屋根なんてまったく見…

続きを読む

自称、園芸副主任になりました!!

自称園芸副主任に就任した記念に、作業用長靴を買いました。(あくまでも自称、です。 支援員というのは、校務分掌は受け持たない職種だから。 とはいうものの、ホームページを更新したり、授業もしたりしているんだけどね。)教頭先生にそう言ったら、「副はとってもいいですよ」と笑って言われましたが。長靴は、アマゾンでお買いものです。金曜の夜に注文して火曜の午前中には久米島に着くって、すごいですよ。え、翌日に届くんじゃないの?と思った人は、都会の便利さに毒されていますよ。すっかり久米島になじんでいる私は大感激しました。島のお店(といっても、長靴を売っているのは2軒かな)のものと差別化を図って、あえて赤色にしました。(そういえば、還暦も近いし・・・あ、数えだともうすぎたのか?)島でも買えるものをアマゾンで買うというのは、いつものことながらちょっと後ろめたいんだけど。それにしてもこの長靴、商品名はklein garten(小さい庭)、ドイツ語なのに中国製なんて、どうなのさ。 1学期、5月からの2か月と2週間、学校ではとにかく観察に徹したつもりです。何をすればいいのか、何をしてもいいのか、何をすれば喜んでもらえるのか、何ならばしても嫌がられないか・・・子どもの支援につながるような活動がいいに決まっているんだけれど、それがなかなかねえ。子ども本人が支援を必要としていない、平たく言えばやる気がない以上、難しいなあ。まあ根気よく、手をかえ品をかえ声をかけてやっていくつもりだけど。授業のお手伝いに行くほかには、とりあえず、教…

続きを読む

もっと見る