ラベル:ウミガメ

ゆったり ウミガメ館

久米島の周囲の海には、ウミガメが住んでいます。ウミガメ館はそれほど大きな施設ではありませんが、見ごたえがあります。久米島のウミガメの保護や繁殖に携わっています。館内の資料には名古屋港水族館のものもありました。名古屋港水族館のウミガメ放流実験にも参加しているとか。館内に設けられた産卵場です。ゆったりした気持ちになりたいときには、海を眺める…

続きを読むread more

2度目のはての浜

台風さえこなければ、朝夕はともかく、日中は真夏に戻ったかのような久米島です。9月、2回目の3連休。暑い。海へ行くしかない。連休中日の朝、天気予報を見たら明日からは雨。これはいかん、どうしても今日行かなくっちゃと、8時19分に予約の電話を入れ、着替えて、車に飛び乗って、コンビニでおにぎりを買って、8時39分にはフィッシャリーナでお金を払う…

続きを読むread more

Aコープ、大好き!

3年生の子どもたち(3人だけど)を引率して、社会見学に行ってきました。「店で働く人たち」の学習でスーパーの見学です。 Aコープは島に1つしかない食品スーパーです。なんでもそろうとなると、やはりここでお買いものするのが便利です。Aコープについては、これまでそれくらいの認識でいたのですが、見学に行って内部をいろいろ見せてもらったり店長さん…

続きを読むread more

天国にいちばん近い島

久米島へ来る人にとって、夏に限らず最大のイベントは「はての浜」へ行くことでしょう。まわりをサンゴ礁に取り囲まれている久米島ですが、そのサンゴ礁の上にできた7kmにも及ぶ砂洲、それがはての浜です。あるものは、砂だけです。 本家、天国にいちばん近い島ニューカレドニアにも行ったけど、はての浜だってそう呼ばれてもいいと思う、それぐらいの場所で…

続きを読むread more

ちょっとお隣りまで

久米島に4か所ある城跡のうちの1つ、登武那覇(とぅうなは)城跡に登りました。城跡そのものは山の中腹にあるのですが、山頂の展望台まで車で簡単に行けます。海上に白く伸びているのが砂だけの島「はての浜」、その向こうにかすんで見えるのが渡名喜島。よし、あそこへ、行こう。というわけで、片道2時間の隣島、渡名喜島へ行くことにしました。[ここに地図が…

続きを読むread more

アーラ浜でシュノーケリングごっこ

ボートでシュノーケリング・・・のはずだったのですが、当日の朝ダイブショップの人から電話がかかってきて、天気はいいけれど、東風が強いからやめた方がいいって。久米島の場合、ダイビングなりシュノーケリングなり、楽しめるスポットはたくさんあるから、風があっても場所を変えればいいんだけど、東風の時だけは何ともならないんだって。ボートでなくてもいい…

続きを読むread more

もっと見る

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31