総会のお知らせ

新緑の頃、製糖期も終わりキビの手入れで大変忙しい時期でありますが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。さて本部落では下記の日程で部落総会を開催します。つきましてはご出席致しますよう(ママ)ご案内申し上げます。という連絡が来ました。「キビ(サトウキビのことです)の手入れ」というところが、いかにも久米島、比屋定らしくて気に入っています。キビの刈り取り・製糖工場への搬入が終わったのに忙しいというのは、勤勉な人はキビの春植え(1年で収穫できる)で忙しく、普通の人は夏植えの準備(収穫までに1年半かかる)に忙しいということです。 それにしても、ここの人たちは、集落ではなく、部落という言葉を日常的に使うのですね。私のこれまでの生活では、部落=被差別部落ということで禁句でしたが。これからは、このブログでも部落の語を使うことにします。みんなが使っているのに使わないのは、意識しすぎているようでかえって具合が悪いというものです。午後3時スタートで会費無料というと、お酒は出ないのかな。まあどのみち私は名古屋に戻るので出られないのですが。 総会といえば、日曜の朝に突然電話がかかってきて、豚汁があるから隣の集落、ちがった、部落の宇江城公民館へ鍋を持って来いだって。もちろん行きましたよ。土曜の夜に成人会総会があって、大鍋1杯の豚汁を用意したのですが、会がずいぶん荒れたらしく、大量に残ってしまったんですって。なぜ荒れたかというと、参加者の1人が暴れ出したらしいんです。暴れ出したのにはちゃんと理由があって…

続きを読む

ゆんたく日和

・・・というものがあるのかないのか知らないけれど、とにかく雨さえ降らなければ実に気持ちのいい季節なので、比屋定や宇江城の面々は、夕方になるといそいそそわそわとゆんたくを始めるようです。こういうしゃべり飲みは、普通は屋外でやることになっているのですが、中には家の中で1人、隠れゆんたくをしている人も多いみたいです。 久米島にやってきてほぼ1年、なぜだか知らぬうちにゆんたくに参加し、そのたびに地域の人々のゴシップに詳しくなっていく私って、いったいなんなのさ。4月に戻ってきてから、週1回のペースです。Mさんのうちの冷蔵庫にはね、私が好きだって言ったから、ワインまで入っているようになったんだよ。いつ来てもいいようにってことか?どうせなら赤より白にしてほしいんだけど、そこまで言うのも図々しい。かといって自分で持っていくのも、また来るよーと言っているみたいで気が重いし。 ウナギがあるよって煮てくれたんだけど、なんだかとても太い。よくよく聞くと、海のウナギ、つまりはウツボのことだった。食わず嫌いで、手を出せませんでしたが。 仕事辞めた後も、ここに住んだらどうか、裏のうち、空いているよ、2000坪ほどあるけど、そんなに土地はいらないでしょ、家だけだったら200万で買えるさ、トイレは和式だから直した方がいいね、と話だけがどんどん進んでいく…こわっ。でもね、本当に大きくていいおうちなんです。 別のグループとは、この空き地でゆんたくしました。名古屋から戻ったその日の夕方。ゆんたくは食べ物が少ないのが欠点だけど、こ…

続きを読む

比屋定三線デビュー!! (ゆんたく編)

宇江城集会場で開かれた、PTA主催の転任教職員送別会。図々しいにもほどがある三線デビュー演奏編の続きです。 今回は、全教職員に対して教頭からこんな指令が出ていました。「先生たちだけで固まっていることが多いから、 なかなか声をかけて話をすることができない。 ぜひ先生たちの方から輪に入って来てほしい。」というわけで、三線もだけど、おしゃべりも頑張りました。地元の人は、自分たちで話題もそう出してこないから、こちらから振って。たとえば、海人食堂へ行ってきたよ、とか、スカイラインに乗っている人でしょ、私もあれの前の方に乗っていたんだけどね…とか。 三線を弾いた後では、無理にしゃべらなくても、向こうからばんばんしゃべってくれるので大丈夫。三線はだれに習っているか、自分の三線か等々。三線は、島の文化協会が貸し出しをしてくれるそうなのです。そういえば、先生のお弟子さんにもそれらしいのを使っている人がいたっけ。だから、新垣さんに作ってもらったというとまた驚かれます。 おばあたちのグループへはいりこんで、ロミオとジュリエット比屋定版の話を聞こうとしたのですが、一笑に付されてしまいました。だれにそんな話を聞いたの? Mさん? おかしなことを言うわねえ、私も比屋定から宇江城へ嫁いだけど、べつにお金持ちってこともなかったよ、比屋定でも宇江城でも、お金持ちはお金持ち、そうでない人もいるってだけのことさ、でも、宇江城から比屋定に嫁いだ人は知らないなあ…いないなあ… まあ、男と女では視点も違うからね。でも、運動会をめぐる…

続きを読む

宇江城集会所で県民投票

投票日の2週間ほど前から、毎日のように防災無線で「不在者投票のお知らせ」が流れています。バーデハウスには、「辺野古県民投票の会」が作った立派なガイドブックが置かれていました。久米島では、住民投票に反対なんて言う話もなかったし。でもきっと、投票日当日はともかく、他の都道府県ではさほどの話題にもなっていないのではないでしょうか。私も愛知県知事選の結果は、テレビのテロップで知りましたが、知事選があることすら知りませんでしたから。行ってきました。5か月前の県知事選の時には、投票日を待ちきれず不在者投票をしたのですが、今回は地元の投票所、宇江城集会場(公民館)へ行ってきました。ちょっとしゃれた感じの建物です。10年ほど前にできたそうです。舞台つきの大ホールのほか、台所や和室もあります。放課後にはこの庭で、子どもたちが集まって遊んでいます。 久米島にはあちこちに集会場がありますが、アメリカ世の時に米軍の高等弁務官事務所によって建てられました。飾ってあった写真(右)がその時の建物でしょう。そして左側は戦争前の、学校にも幼稚園にもなったという建物です。瓦屋根の立派な建物だったのですね。あいにくの小雨で、午前11時の投票率は7パーセント、不在者投票は20パーセント。宇江城の投票所も静かすぎてさびしい感じでした。何にしても、辺野古の海の埋め立てに賛成か反対かの2択から、どちらでもないを加えた3択にして、ようやくこぎつけた全市町村参加の住民投票です。示された民意が生かされますように。

続きを読む

密着! サトウキビ刈り取り!

仕事の1年間のしめくくり、活動報告会に出かけた帰り道、偶然にも見つけました。隣りの集落宇江城で、サトウキビ収穫の真っ最中。宇江城岳のすそ野に、区画整理も赤土流出防止措置も終わった整然とした農地が広がっています。人家がないから外灯もなく、夜は真っ暗でこわいぐらいな地区なんだけど。 機械も停まっているようだったのでのこのこ入り込んでみたら、こんな光景が待っていました。ずらっとならんだこの網かご、1つでだいたい1トン、4000円(サトウキビの代金)+16000円(国の補助金)=20000円(農家の粗利益)だそうです。機械刈りの場合、葉っぱも根っこも未熟なものも全部入ってしまうから、ここからまたいくらか引かれるし、機械のレンタル料+刈り取り代が6000円、肥料だの農薬だの時には水代なども引いたら、しかも収穫は年1回だからね。大規模化しないと食べてはいけない。それでもサトウキビは台風に強く手間もさほどかからないという、この地には適した作物なのですが、長男はともかく、次男三男は外へ働きに行った方がいいよ、とのことでした。masa56さんは、うちはサトウキビをへらしてベニイモもジャガイモも作るよ、いろいろと混ぜないとね、今いちばんいいのは牛かな、って言っていたけどね。 さて、刈り取り再開です。ハーベスタの後部に網をセットし、運転席に乗り込んだら、がんがん刈っていきます。短く裁断されたサトウキビが、網の中にどんどんたまっていきます。後ろ姿も堂々と、まさに「見よ、この雄姿」。網が一杯になったら、ハーベスタから取…

続きを読む

いちばん近くのレストラン

こちらに来る前には、比屋定には店も何もないと聞いていました。まあそういっても間違いではないくらいなのですが、隣りの集落、宇江城には2軒、お店といってもいいかな、といううちがあります。1軒は、子どもが行く駄菓子屋さん。ノートや鉛筆など、最低限の文房具も売っています。クロネコヤマトの宅急便も、ここで頼むことができます。島の郵便局は2軒あるけれど、どちらも山を下りないといけないので、助かります。 もう1軒が、なんと飲食店です。名前は「カフェレストラン 城(ぐすく)」。校長先生は行ったことがあるみたいで「とにかく量が多くて、食べきれない。」とのこと。実は運動会でそばを振舞おうということになった時、当初はこの店に頼むつもりでした。断られたので保護者と先生で作ったのですが、スープのための骨やだしは提供してもいいという話だったので、(結局スープまで作るのは無理と言うことで、既製品を使ったんだけど)あらこのお店のそばつゆは、インスタントじゃないのね、それなら一度行ってみようかな、と思っていたのです。 普通の住宅の敷地内に別棟があって、それがお店でした。これがメニュー。確かにカフェっぽい。ドリンクメニューの泡盛は「久米仙」だけ。なんといっても、目と鼻の先で作っているんだもんね。久米仙モヒートって、どんなんだろう。ハーブは簡単に育てられるから、本物かな。でも中の様子は居酒屋風。入ったとたんに、おかみさんらしき人に「おもちごちそうさまでした」と言われて、はたと気づきました。もちつき大会で「よいしよっ」と威勢のいい掛…

続きを読む

もっと見る