ラベル:山里ゆんたく

やっぱり紬、織りたいな

とある週末の山里ゆんたく。こんなものが置いてありました。これは絶対に紬の道具に違いない。聞いてみたら、やはりそうでした。このお店は、字のおかあたちが交替で店番をするみたいで、この日の担当のおかあが持ち込んだそうです。この人、いつもは西銘の共同作業所で織っているんですって。ちょっと見にくいですが、これは絞りの設計図です。大きな方眼紙に模様…

続きを読むread more

とろいことを聞いてしまった・・・

とろいというのは名古屋弁で、ばか、動作などがのろい、鈍いというような意味です。 三線のおけいこ、入門初心者コースはなんとかクリア、初級コースになったかな、とぼつぼつ続けています。昨年のうちに、ついに兄弟弟子だった高校生は実質首になり、(練習ができないようだから、練習する時間がとれるようになったらまたいらっしゃい、と、 先生が貸与してあ…

続きを読むread more

冬支度をしなくては

新聞の折り込みチラシを見ると、電気屋さんの広告に暖房器具が載っています。エアコン、ホットカーペット、こたつ、電気毛布、灯油ファンヒーターに電気ストーブ等々、内地で使うのと全く同じです。最低気温が10℃前後の沖縄で、こういう暖房器具も必要なの? と聞いてみました。答えは、「もちろん」でした。こちらでの家造りのモットーは、とにかく頑丈が一番…

続きを読むread more

山里ゆんたくでお買いもの

毎週2,3回は立ち寄るので、すっかり常連さん扱いです。今回はミニトマトの苗を買いに行ったのですが、こんな箱に入れてくれました。牛乳パックではありません。1回り大きい久米島の久米仙、泡盛1.8リットルのパックです。ゆんたくかあさん(ここではスタッフのことをそう呼んでいます)いわく、「のんべぇがいるもんだからねえ、使ってみようかと思って。」…

続きを読むread more

カジマヤーがあるんだって

三線のおけいこに山を下りる途中、ふらりと立ち寄った山里ゆんたくで。いつもならだれかとだれかがゆんたく(おしゃべり)しているテーブルで、地区のみなさんが、すごい数のカジマヤーを作っているのでした。 頭(風をうけてくるくるまわる部分)と柄とが、本島からべつべつに送られてくるらしい。こんなにたくさんできているのに、まだまだ作っています。…

続きを読むread more

らーめんって、どうなのさ

以前にも少し書きましたが、沖縄そばの麺は、そばとはいってもそば粉は使っていません。小麦粉でできているので、内地風にいえばうどんですね。久米島には製麺工場が2つあって、この久米島産の麺を使ったものは、沖縄そばではなく久米島そばです。私はもっぱら、海洋深層水を使用した麺を買うことにしています。私、けっこう好きですよ。外食の時には普通のスープ…

続きを読むread more

もっと見る

ラベルリスト

カテゴリ

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30