梅雨に入ったから、散歩

平年より1週間遅れで梅雨に入りました。去年はさらに遅く6月1日、空梅雨で、梅雨なんだかどうかよくわからないようなうちに、平年並みの6月23日にはあけたものの、その後は大雨、土砂崩れ、通行止め、台風と、ろくでもない日々が続いたのでした。それでも、梅雨時期の本来の湿気はこんなもんじゃないぞ、と脅されています。5/20の朝は、180mm/hの大雨です。久米島の雨は、ほんとうに荒っぽい。屋久島で大雨で山中に取り残された人たちが下山する様子を見ましたが、ロープをつたって、胸までつかって濁流を渡るなど、かれこれ3年ちょっと前、ニュージーランドのミルフォードトラックを歩いた時のことを彷彿とさせました。あのときはただただ夢中で気付かなかったけど、やっぱり遭難状況だったんだね。 日曜日、学校へピアノの練習に行きました。体育館のステージの隅っこは、風が入りません。まあサウナでダイエットだと思えばね。 帰り道、ちょっと足を延ばして久々に散歩してきました。今度はいつ、降らない週末に会えるかどうかわからないからね。 こんなものを見つけました。洗濯機の中に入っていた洗濯槽らしい。取り出してふたをつけて、ゴミ箱にしたんだね。可燃ごみをここへ入れておくと、週3回収集に来てくれます。 突然道が真っ白になったのであれっと上を見上げたら、やっぱり。フクギの花でした。これです。とくに香りはないんだけど、黄色がかった白い小さい花がたくさんついています。フクギは防風林として、どこの屋敷うちにも植えられていました。切ってしまったうちも…

続きを読む

古都キャンディで散歩

早朝の街角で。交通整理のようです。観光客であふれる日中は見かけなかったよ。結婚記念のアルバムを撮影中のところに出くわしました。事前に撮っておくみたい。博物館で見た、王朝時代の衣装のデザインが人気のようです。 こちらは、結婚式当日かな。市内で最古の建物だそうです。仏歯寺と同じく、キャンディ湖のほとりにあります。キャンディ湖はタンク、つまり、人造湖です。水資源を管理することが、王権の生命線。内部はリノベーションして、しゃれたカフェになっていました。トゥクトゥクも停まっているよ。こういうのに乗って、キャンディまで来ました。市場の店先。あまりの飾りつけの美しさに、マンゴスチンを思わず買ってしまいました。市場といっても観光客相手で、値段はかなり高かったです。素焼きの壺に入ったヨーグルト。日本の感覚でいうと、ちょっとかためでした。レストランのビュッフェでも、こういった壺がおいてあったっけ。

続きを読む

久しぶりに散歩をしたら

県民投票のついでに、近頃サボっている散歩。いいものを見つけました。シークワーサーの新芽です。ついこないだまで実がなっていたし、お店にも並んでいたのに。まだ実が付いたままの木もあるから、同じシークワーサーでも種類が違うのかな。白い小さな花まで咲いています。こちらはマンゴの花芽。花や実はバヌアツでよく見ていたけれど、あちらでは大木だから、こんなふうに目の前で見たことはなかったよ。宇江城の民家。フクギの防風林が高く分厚く残されています。こんなに分厚いのは、島でもこのうちが一番じゃないかと思う。今はない、比屋定校付属幼稚園の遊具。学校にあるのだから毎日見ているはずですが、仕事でもなくのんびり歩いていると、違ったふうに見えてきます。ターザンごっこができます。たまに他校の子や、親に連れられてきた小さい子が遊んでいます。うちの学校の子どもたちは見飽きているのか、触ろうともしません。打ち捨てられたみたいで、気の毒。853 963

続きを読む

桜並木のトンネルを

例年1月中旬から2月半ばまでが見ごろということで、1月中旬に出かけたときには早すぎました。それからは天気の悪い週末が続き、行きませんでした。名古屋から戻ってきたらはや2月も中旬。曇り空の下、慌てて出かけたのですが、やっぱり盛りには間に合わなかったようです。花の並木が終わると、むこうに海が見えてきます。あいにくの曇り空、空も海も色はさえません。それでも視界がさあっと広がるのはいい気分です。濃いピンクの色のせいで、寒緋桜は、どうしても桜というよりは桃のイメージですが、それでも満開の花の下を歩きたかったな。また、来年。 おまけ。島尻の石墓。桜のトンネルをぬけて、海へ出て、海岸沿いを走り出すとすぐ、斜面にある大きな岩の上ににあります。自然の石をそのまま積んだだけの素朴なものです。多分、その昔の、この地の豪族のものなのでしょう。

続きを読む

真謝(まじゃ)で散歩

久々の集落散歩編です。(西銘で散歩、仲地で散歩、宇江城の散歩道など、ラベルの"散歩"も見てね。)真謝(まじゃ)はも久米島では古くからある集落で、学者仲原忠善を出した土地です。 以前からの集落の様子がよく残っている地区で、町の計画保全地区に指定されていたと思います。フクギの防風林や赤瓦の民家の家並みのことです。フクギについては、やむをえず切る場合には、どこにもう1本植えること、となっています。 戦後、コメの減反政策で稲作がサトウキビ栽培に切り替えられました。島の北側の比屋定や宇江城は、規模の大きい畑があるので、そこから切り出したサトウキビを南側の製糖工場へ搬入するために、島1周道路の整備が進んだらしいのですが、その時にこの真謝集落のフクギ並木が邪魔になって、けれどもなくしてしまうには忍びないということで、中央分離帯のようにして残してあります。「真謝のちゅらふくぎ」、観光用のパンフレットには必ずといっていいほど載っています。でもね、1周道路の1本内側に入ればこれこのとおり、お情けみたいにして残されたのではない、現役のフクギ並木が立派にそびえたっています。いいですね、自然で。ちっともわざとらしさや無理がない。あるべき所にあるべくして、立っている。 おまけ。天后宮。中国から来た冊封使(新しく王位についた国王を認める使者)の船が難破した時に、この地の人たちが命がけで救助したことを記念し、琉球王の命で航海の女神、天妃を祀る祠を建てたそうです。その折には中国の人たちからも扁額や銀が届いたそうで、その銀は明…

続きを読む

いちばん近くのレストラン

こちらに来る前には、比屋定には店も何もないと聞いていました。まあそういっても間違いではないくらいなのですが、隣りの集落、宇江城には2軒、お店といってもいいかな、といううちがあります。1軒は、子どもが行く駄菓子屋さん。ノートや鉛筆など、最低限の文房具も売っています。クロネコヤマトの宅急便も、ここで頼むことができます。島の郵便局は2軒あるけれど、どちらも山を下りないといけないので、助かります。 もう1軒が、なんと飲食店です。名前は「カフェレストラン 城(ぐすく)」。校長先生は行ったことがあるみたいで「とにかく量が多くて、食べきれない。」とのこと。実は運動会でそばを振舞おうということになった時、当初はこの店に頼むつもりでした。断られたので保護者と先生で作ったのですが、スープのための骨やだしは提供してもいいという話だったので、(結局スープまで作るのは無理と言うことで、既製品を使ったんだけど)あらこのお店のそばつゆは、インスタントじゃないのね、それなら一度行ってみようかな、と思っていたのです。 普通の住宅の敷地内に別棟があって、それがお店でした。これがメニュー。確かにカフェっぽい。ドリンクメニューの泡盛は「久米仙」だけ。なんといっても、目と鼻の先で作っているんだもんね。久米仙モヒートって、どんなんだろう。ハーブは簡単に育てられるから、本物かな。でも中の様子は居酒屋風。入ったとたんに、おかみさんらしき人に「おもちごちそうさまでした」と言われて、はたと気づきました。もちつき大会で「よいしよっ」と威勢のいい掛…

続きを読む

もっと見る