ラベル:果物

普段の暮らし

1月なのに25度を超える夏日もある久米島です。足元は年中クロックスでも過ごせます。実際去年はそうしていましたが、今年は畑へ行く機会が増えたからか、ちょっと寒い日には自然と長靴で動いています。 4時まで学校でお仕事。うちでちょっと休憩したら畑へ行って草取り。ほうれん草、どんどんとれます。草にまじってほうれん草をちぎってしまった時にはその…

続きを読むread more

久米島から届いたよ

やんばるのみかん10キロ。みかけは普通のミカンだけど、ぶよぶよとふくれた感じがない。果実も味もキュッと引き締まった、小気味よいみかんです。これも入っていたよ。黄色くなる寸前のシークワーサーを絞って冷凍保存したもの。正真正銘、何も足さない、何もひかない原液。果物に目がない長男が狂喜していました。伊勢エビ。カジマヤーの時の残りだけど、夫がゆ…

続きを読むread more

三線のお稽古、ちょっと残念

先日の三線忘年会ですが、長らくわけもわからずにもやもやしていたことがすっきりしました。「久米島ジントヨー節」というご当地ソングなのですが、どうもリズムがとれなかったんだよね。先生と一緒に演奏するときにはなんとなくなんとかなるんだけど、あくまでもなんとなくわかる、で、どうもしっくりこなかったのです。それが姉弟子の演奏を聞いた途端に、すとん…

続きを読むread more

シークワーサーの季節終了

シークワーサーですが、夫は実家で、黄色くなってしまう前に、みかん農家さながらに毎日収穫しています。頼まれたものを、毎日のようにあちこちへ送っています。販売ではなく、あげるんです。あんたも誰かに送ったらどうかと言われたので、妹に送りました。島のお土産定番、味噌クッキーもつけて。そしたら返事の手紙に、お姉さんにこんな気配りができるのは、新し…

続きを読むread more

久米島直送果物、届く

宅急便の人が、重いから気を付けてくださいねっていうくらいの箱が届きました。あけたら、色鮮やかで、宝箱みたいでした。マンゴとドラゴンフルーツ。黄色のマンゴは、食べるにはまだ早い。ビニール袋に入っているのは規格外のお買い得品。パッションフルーツとパイナップル。パッションフルーツがこんなに大きくなるとは知らなかった。バヌアツでも見たことないよ…

続きを読むread more

久米島の黒さーたー(黒糖)

久米島産、昔ながらの手作り純黒糖(向かって左)。おやつ村に売っています。ほのかな緑色がかかった茶色、噛まなくても舌でつぶせる柔らかさです。1かけら口にしただけで、右側の加工黒糖との違いが分かります。値段もずいぶん違うよ。純黒糖は加工黒糖の約7倍です。 職業人講話として、このお店のお嫁さんが学校へやってきて、興味深い話をしてくれました。…

続きを読むread more

もっと見る

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29