久米島の産業祭り、将来編

産業祭りのいろいろな展示から。 久米島にも、小型電気自動車コムスがあったんですね。町役場のものだそうです。5台もあるそうですが、これまで見たことありませんでした。言われてみれば、久米島マラソンの時に広報の人が乗っていたけれど、これは実用というよりは、ショーアップとして使っていたんじゃないかな。なにせ50m先へ行くにも車に乗る土地柄で、環境への負荷なんていう考えはあまりないと思われます。地球温暖化と赤土の流入で、島のイノー(サンゴ礁の内側)のサンゴはほとんど白化してしまったというのに。 大人の社会見学コーナーもありました。「太陽と海と風の力でくらす島」、なんて魅力的なキャッチフレーズでしょう。深層海洋水温度差発電の実験模型。実際の施設も見学したことがあるのですが、その時は分かったような分からないような・・・でした。今回は2度目だし、模型で全体像が把握できるので、よくわかりました。現在の5倍の発電ができる施設を海上に建設するそうです。施設というより、船なのだそうです。 地産地消、自己完結型エネルギーモデル、離島型という見出しにひかれてこの記事を読んでいたら、担当の人に声をかけられ、丁寧に説明してくれたり、質問に答えたりしてくれました。にわか町民で、なんの権限もない私に親切にしてもしょうがないと、申し訳なく思ったのですが、まあこのブログで紹介するということで、よしとしてもらえるかな。 離島と観光と環境は切り離せません。島の発展のためには、産業としての観光は必要不可欠だし、観光客が増えれば環境には…

続きを読む

「久米島の人と自然」

島の図書室で見つけた「久米島の人と自然」という本を読んでいます。2009年から2012年にかけて行われた「久米島応援プロジェクト」の成果と課題をまとめた本です。「久米島応援プロジェクト」というのは、多様な専門性をもつ研究者や実務家が協力して、南西諸島での生物多様性保全モデル活動の展開と普及を図るため。南西諸島の中からなぜ久米島が選ばれたかというと、久米島は小さい面積なのに、その成り立ち(昔は中国大陸と陸続きだった、火山帯、サンゴ礁など)ゆえに生物の多様性が高く、固有種や絶滅危惧種も存在しているから。 いちばんの問題は、サトウキビ畑からの赤土の流出による環境汚染(7/7「赤土から海を守る」)。その現状や問題点、対策がくわしく書かれていました。 いちばん心を打たれたのは次の部分です。私も、このように願ってやみません。というか、願わない人はいないでしょう。「球美(くみ)島と呼ばれた久米島は稲作の水田が広がる美しい風景がありましたが、 その風景を取り戻そうという試みがあります。 島で昔からの伝統である稲作は、水や土を留める栽培方法です。 サトウキビ畑を赤土流出の心配の少ない、かつての棚田に戻すことによって、 将来的に、島の高台から望む棚田とその向こうに広がるサンゴ礁の海の大変美しい風景が 観光客を呼ぶかもしれません。 さらに、ここで採れたもち米や、久米島産のベニイモなどを使った地元料理が味わえる、 ステキな農家レストランやカフェができれば、個性的な地域産業として、 話題になるだけでなく雇用創出にも貢献…

続きを読む

庭いじり

名古屋の家の庭、予想はしていたものの、ひどいわー。トケイソウが、ジャスミンを駆逐してはびこっている。驚いたのは、ドクダミまで枯れかかっていること。そんなに暑かったんだねー。かろうじて緑色のものも、根っこが細って簡単に抜けてしまう。 うれしかったのは、ブルーベリーが色づいていたこと。私が戻るのを待っていてくれたようで。去年に比べ、たくさん実がついていました。久米島へ戻る前日まで待って、食べて帰ります。 なごやグッドグリーン賞というものができたらしく、応募しませんかというお誘いの手紙が名古屋市からやってきて、すごくうれしかったんだけど、これじゃあね。名古屋へ腰を落ち着ける気になったら、庭師さんに手を入れてもらってから応募することにしようと思っていたら、なんと担当の方が直接おいでになりました。庭を作るときに名古屋市から緑の補助金をもらったので、うちの庭のことをご存じだったそうです。他薦ということで応募しましょう、ということになり、写真を撮っていかれました。多少とも草取りしといてよかったわ。入賞するといいな。 さてここからは久米島の話。久米島の学校では、環境整備・園芸は教頭先生の担当みたい。そろそろ秋まきの種をまかないといけないだろうと思って聞いてみた。そしたらなんと、外は暑すぎるから、種まきしたらクーラーの効いた室内で育てないといけないんだって。だからお金はかかるけど、涼しくなってから苗を買ってくるのが一番いいのだそうです。そんなこといったって、100個もありそうなプランターに植える花だものね…

続きを読む

赤土から海を守る

50年に1度という記録的な大雨のせいで、いろいろと考えさせられることが起こりました。名古屋に住んでいたら「土砂崩れ? 大変だなあ」で終わっていたことが、突然目の前に降りかかったわけですから。家から徒歩3分のところが「通行止め」ですから。たとえば土砂崩れの翌日は町営バスが止まってしまったから、朝中学校の先生たちが比屋定までやってきて、生徒たちを1人1人学校車に乗せていました。私の車もブレーキがキーキーいっています。車屋さんに電話したら、あっさりと「大雨が降ると、そんなもんですよ。からっと晴れて乾くと直るから」だって。 写真は、久米島町役場のホームページより。大雨が降ると赤土が流されてしまいます。きのう三線のおけいこで山を下りたのですが、周回道路のあちこちを流された赤土が覆っていて、スリップしかねない状態で、消防署からポンプ車が出て道を洗い流していました。塀が根こそぎ倒れたり、斜面からは大小さまざまな石がころがり落ちていました。乗り上げたらえらいことです。 赤土は海へ流れ込み、生き物や環境に大きなダメージを与えます。これでも、以前よりはうんとましになったそうですが。美しい海を作ったのも自然、それを汚すのも自然の驚異、というわけですか。 この週末は、大雨と台風の合間です。次の台風8号がやってきます。火曜日あたりにはまた暴風圏入りです。

続きを読む

もっと見る