トゥシヌユールとソーグヮチ

久米島では、旧暦の行事がけっこう残っているようです。だから、正月は3回あります。新暦の正月と旧正月と、後生の正月です。農業や漁業は旧暦との関連が強いので、本島でも漁業の盛んな糸満や、久米島をはじめ離島では旧暦での習慣が残っているそうです。 トゥシヌユールは年の夜、つまり大晦日、今年は2月4日でした。Aコープの広告にはごちそう用食材の写真が踊っていました。ごちそうの内容はお盆の時と同じような感じでした。年越しそばは、沖縄そばのソーキそばです。ソーキとは、あばら骨つきの豚肉です。ところによっては、門松として背の高い笹を飾ったり、大漁旗を飾ったりするそうです。 2月5日は旧正月(ソーグヮチ)、学校では特別なことはいないものの、給食がお祝いメニューでした。内地の正月は餅正月、沖縄の正月は豚正月と言われるように、豚肉を使ったごちそうで、クープイリチー(昆布の炒めもの)、中味汁、赤米黒米入りの五穀ごはん、紅芋のゴマ団子です。そうそう、同僚が、法事だか葬式だかの日に、お惣菜用にクープイリチーを買って帰ったら、こんな日になぜめでたいものを買ってくるのかと叱られたことがあったとか言っていました。 おまけ。食べ物関連、とうことで。缶詰のポークビーンズと、缶詰のカットトマトと、学校畑の大根とにんじんを煮てみました。和風チリカーンといったところかな。生のニンジンの葉は飾りのつもりでしたが、なんのことはない、全部食べてしまいました。こちらではアメリカ風生活の影響で、いろいろな缶詰が売られていますが、どれもそのままでは…

続きを読む

空を飛んできた牛汁

石垣島出身の同僚から、牛汁をいただきました。実はこれで2回目です。1回目にいただいた時に、とってもおいしかったことをお知らせしたら、人によって好き嫌いが分かれるから、心配したけれど、よかった、と喜んでくれました。そして、2回目のごちそうにつながったわけです。実家(牛を育てています)でまた牛を1頭屠ったから、と、送ってくれたんですって。バーべキューの時のように肉の塊で届いたのかと思ったら、料理して、袋に小分けして、冷凍されたものが、クロネコヤマトの宅急便で届いたのだそうです。1晩冷蔵庫で解凍しました。お鍋に出したら、これこの通り。大きな肉がごろごろ、結び昆布も入っています。肉の繊維が崩れるほどに軟らかく煮てあります。とても1回分とは思えない分量です。久米島では仔牛を出荷するので食べることはしません。だから牛汁が出るのは特別のイベントのときくらい。久米島祭りでは1杯800円の牛汁が、何杯とれるやら。たくさん食べてね、という親心なのでしょう。できた。石垣島風牛そば。春菊とビタミン菜(もちろん学校畑産)を、これまた牛肉に負けないほどたっぷり入れて。こんなに肉が入っていても、ちっとも油っぽくないのは不思議。油はいっぱい浮いているんだけど。思うに、久米島名物のヒージャー(ヤギ)汁も、こうやって冷凍にしたりレトルトパックにして売られているのでしょうね。牛汁がこれほどおいしいとなると、ヤギ汁もおいしいのかも。これまでなんとなく避けてきたんだけど、食わず嫌いなのかもしれない。きっとそうなのでしょう。次に機会があれば…

続きを読む

もっと見る