第18回 久米島祭り!

とってもにぎやかでした。夕方4時半から始まるのですが、7時過ぎてもまだ明るい。催し物も盛りだくさんです。会場のふれあい公園では、みんな明るいうちから場所取りです。お店屋さんもいっぱいです。食べ物・飲み物の調達には困りません。子どもたちのためには、ゲームやおもちゃ、定番金魚すくいなどのお店も。 生まれて初めて見たエイサー。かっこいい、の一言です。動きが大きいだけでなく展開が速くて、、私の腕ではこれ以上の写真は無理。残念ながらこれでは、学校で私がダンスを仕切る機会はないな。だんだんといい感じに暗くなってきました。早々と焼きそばにうずらベーコンを3本も食べ、ジンジャーエールを飲んだ私はステージで繰り広げられるコンサートを見ていたのですが、「これノンアルコールだから飲まない?」とか「これ食べない?」とか声がかかるんだよね。1人でいて、しかも飲み食いしていないというのは、気の毒だと思われるらしい。これもここの人たちのホスピタリティの表れなのでしょう。しめくくりはもちろん花火です。公園のライトも会場をコの字に囲ったお店の照明も、一斉に消されて真っ暗。そしてカウントダウン。公園のすぐ裏手の港で打ち上げる花火は、迫力満点。ため息、歓声、拍手の嵐で1日目の幕を閉じたのでした。 でもね、この日一番いいなと思ったのは、町営バスの粋なはからいです。花火の終了に合わせて、島内のあちこちへ臨時便が出ます。どこまで乗っても大人は100円均一、小学生以下は無料。「おまわりさん、しっかり取り締まるって張り切って…

続きを読む

もっと見る