ラベル:豆腐

三線習っててよかったよ

私が通っている教室ですが、仲宗根研究所というらしい。看板も何も出ていないし、私も人の紹介で通うことにしたわけで、これまで全く知りませんでした。仲宗根さんは、こちらではよくある名字です。発音は同じナカソネでも、「中曽根さん」は見たことがないです。 おけいこ、順調に進んでいます。だいたい1か月で1曲のペースで進んでいます。これは、かなり速…

続きを読むread more

比屋定の豆腐屋さんー豆腐編ー

ゆし豆腐の次は豆腐作り。作業工程がたくさんあって、どれも力仕事です。私の拙文ではとても十分に伝えきれません。 まずは、木綿の布を敷いた木箱にゆし豆腐をたっぶり詰め込みます。箱がいっぱいになっても、その上にステンレスの枠を乗せ、まだまだ注ぎ込みます。しばらく置いておいて枠をとるとこんな感じ。豆乳がしたたり落ちます。箱と箱の間の部分や木枠…

続きを読むread more

比屋定の豆腐屋さん  ―ゆし豆腐編―

散歩の途中で出会ったので、「こんにちは」と挨拶をしました。「子どもたちが見学でお世話になりました。ありがとうございました。 私も豆腐の切れ端を食べさせてもらったんですよ。」と続けました。見学に行ったのは1・2年生の子どもたちで、私はついていかなかったんだけどね。でもそれだけで万事OKです。ほんと先生って、信用があるから。豆腐屋さん、若い…

続きを読むread more

ゆんたくしちゃった

ゆんたくというのはおしゃべりのことですが、お酒を飲みながらのおしゃべり、という意味合いが強いです。台風チャーミーとコンレイの間の、飲むぐらいしかやることないもんね、の話。 学校から歩いて帰った日、宿舎のすぐ前の家で呼びとめられました。4人のおとうたちが、明るいうちから飲んでいる。ここ、こないだ転校してきた子のうちなので、そうあっさり無…

続きを読むread more

チャーミーの置き土産

これほど台風が続くと、台風に名前があるのはありがたいです。区別がつきやすい。 名前があるからと言って愛着は湧かないけれど。 ちっともチャーミングでないチャーミーの置き土産。停電のことはもう書きましたよね。ほかにもテレビのアンテナがずれたらしく、テレビが映らなくなりました。大家さんである町教育委員会にお願いすることになるんだと思うけど、…

続きを読むread more

おいしい秋がやってきたみたい

最近食べたおいしいもの。里芋の衣担ぎ(きぬかつぎ)。煮っ転がしなんて、そんな面倒なことはしなくても、皮付きのままゆでて、生姜醤油で食べる。久米島の人は、皮つきでゆでるところまでは同じだけど、それは皮をむきやすくするためのようで、その後素揚げにしたり、砂糖と醤油で味付けしたりするらしい。もう一目見ただけで、これはキヌカツギにするしかないと…

続きを読むread more

もっと見る

ラベルリスト

カテゴリ

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30