沖縄本島小旅行

せっかく本島へ出てきたのだから、世界遺産のグスク群を回ってくることにしました。世界遺産に指定されたグスク(城というか、城塞かな)は5つあるのですが、その性格上、首里城以外は交通不便なところにあるので、首里城と今帰仁城と、まだ2つしか行っていません。そこでレンタカーに乗って、残りの3つも行ってみようと思い立ったわけです。 那覇空港からレンタカーで浦添へ、そこで用事を済ませたあと、中城城跡へ。 その後海中道路を通って平安座(へんざ)島の宿へ。次の日は勝蓮城跡と座喜味城へ。勝蓮城跡。座喜味城跡。途中で嘉手納基地も展望台からのぞいてきました。戦闘機も輸送機も、しきりにタッチ&ゴーを繰り返していました。人生2回目のレンタカー運転、せいぜい150キロのドライブでしたが、緊張しました。でもまあ、なんとかなることはわかりました。なんでもやってみるもんだ。 まとめ。海も山も城もおいしい魚も、全部久米島にある。やっぱり久米島がいちばん、と思えたのでした。

続きを読む

新しい日々の始まり

新学年の新学期が始まって1週間、学校のスタッフも10人から11人に増えて(複式学級対策)、11人中4人が新任さんで、若い人が多く、なんとなく元気で華やかな雰囲気になりました。 新・校長先生の趣味はガーデニング。赴任して2週間、すでに花と野菜の芽がたくさん。この調子だと、学校中が花と野菜に包まれること、請け合いです。やたらと広い比屋定校、これほどガーデニング魂に火がをつけるものはないでしょう。私も邪魔にならないように、いろいろ教えてもらいながら、細々と続けていくつもりです。でもなあ、やっと咲き始めたカーネーション、種を蒔いてから6か月かかったんだよ・・・ いなくなってしまったままだったヒージャも、いつのまにか替りがやってきて、再び「ヤギもいる学校」になりました。近々、子ヤギが生まれます。去年と同じですね。去年5月からこの島にやってきた私にとっては、島の4月はまだ未知の世界。まだまだ何かが起きるんじゃないかな、と楽しみです。 おまけ。教員宿舎の駐車場がきれいになりました。いつもの草刈りだけでなく、雨が降るたびに大きな水たまりになる穴ぼこも埋められました。Masa56さんとMさんが、トラクターで乗り込んできて、あっという間でした。この2人が組んだら、どんな業者も真っ青です。草だらけだった花壇も、校長先生の手にかかれば、ほらこの通り。立派な家庭菜園に変身です。ゴーヤのグリーンカーテンにするんだって。学区の教員宿舎は、2棟計9室が満員になりました。今度の週末は、教員宿舎懇親バーベキュー会です。もちろん…

続きを読む

安心して暮らせます

その1 ガス寒いから早くお風呂に入りたいと思って、お湯の蛇口をいっぱいに開いたのに、湯がすぐに水に戻ってしまいました。あらら、今夜はお風呂に入れないか、明日はガス会社に電話しなくっちゃ、と思っていたら、ガス会社の方から電話がかかってきました。いつもと違う使い方をしたので、ガス漏れを警戒して、安全装置が働いたのだそうです。うちではシャワーを使うことの方が多いし、お風呂の時も水と湯と混ぜて入れるので、今日のように急激にガスを使うことはなかったのでしょう。いつもと違う使い方、というのは、そういうことを指していたのでしょうね。安全装置の解除の仕方を教えてもらい、無事に熱いお風呂に入ることができました。 聞けば、久米島ガスの事務所には24時間体制で担当の人が詰めているので、どんな真夜中だろうと、いったん警報装置が働けば、我が家の件のように連絡をしてくれるのだそうです。こんなことでもなければ知る由もないことでしたが、ありがたいことです。 その2 車。バッテリー警告灯がついてしまいました。以前からファンベルトがキュルキュル鳴いているのは知っていたけど、ちゃんと走っているし、まあいいかと思っていたけど、今度は警告灯だし、ネットでちょっと調べてみたら、充電ができていない、そのうち走らなくなるということがわかったので、半年の保証期間は過ぎちゃったけどなーと思いつつも、次の日車屋さんへ電話しました。「はいはい、で、今どこにいるの?」と追い立てられるような声。「え、学校だけど・・・」なんでそんなこと聞くんだ?と思いつ…

続きを読む

レンタカーに挑戦

生まれて初めて借りるレンタカー。古い軽自動車だけど、1日3000円、配車してくれて乗り捨てだし、調子いいし、ピンクでかわいいし? 文句なし。 まずは練習を兼ねて、この日2度目の朝ご飯を食べに豆腐屋さんへ。ゆし豆腐定食です。私には別に珍しくもないけど、まあ、運転の練習だから。カーナビを使うのも初めてで、「コースを外れました。リロードします。」と言われつつも、なんとか使い方をおぼえました。 とにかく、石垣島1周を目指します。島のあちこちに展望台があって、美しい海の色を楽しめるはずなんだけど、時々は雨も降る風の強い日でしたから、どこへ行っても灰色の空と海が続くだけ。そのなかでも、さすがに川平湾はきれいでした。グラスボートには乗らなかったよ。波も風も強いし、混んでいるし、高くてすぐに終わるし。こんな日は海底の砂も舞い上がって、海水も濁ってしまいます。半周したあたりでお昼。なんとかグランプリ優勝の牛そば。ごくごく普通の食堂なんだけど、平日なのに行列ができます。牛は、モツも皮も使って、たっぷりと煮込んでありました。野菜もたっぷりで、ははあ、牛汁というのはこのことなんだな、と納得。 島の最北端、平久保埼灯台を目指します。王府時代には、外国船の往来を那覇へ告げるのろし台になっていたそうです。のろし台は、久米島にもありましたっけ。風が、強い。寒くて、一歩一歩足を踏みしめないと前に進めない。そういえばニュージーランドでも、こんなふうにしてペンギンやシーライオンを見に行ったんだった、アルバトロスもそうだっ…

続きを読む

久米島の産業祭り、将来編

産業祭りのいろいろな展示から。 久米島にも、小型電気自動車コムスがあったんですね。町役場のものだそうです。5台もあるそうですが、これまで見たことありませんでした。言われてみれば、久米島マラソンの時に広報の人が乗っていたけれど、これは実用というよりは、ショーアップとして使っていたんじゃないかな。なにせ50m先へ行くにも車に乗る土地柄で、環境への負荷なんていう考えはあまりないと思われます。地球温暖化と赤土の流入で、島のイノー(サンゴ礁の内側)のサンゴはほとんど白化してしまったというのに。 大人の社会見学コーナーもありました。「太陽と海と風の力でくらす島」、なんて魅力的なキャッチフレーズでしょう。深層海洋水温度差発電の実験模型。実際の施設も見学したことがあるのですが、その時は分かったような分からないような・・・でした。今回は2度目だし、模型で全体像が把握できるので、よくわかりました。現在の5倍の発電ができる施設を海上に建設するそうです。施設というより、船なのだそうです。 地産地消、自己完結型エネルギーモデル、離島型という見出しにひかれてこの記事を読んでいたら、担当の人に声をかけられ、丁寧に説明してくれたり、質問に答えたりしてくれました。にわか町民で、なんの権限もない私に親切にしてもしょうがないと、申し訳なく思ったのですが、まあこのブログで紹介するということで、よしとしてもらえるかな。 離島と観光と環境は切り離せません。島の発展のためには、産業としての観光は必要不可欠だし、観光客が増えれば環境には…

続きを読む

豊穣の冬

12月になったというのに、最高気温は28.9度、蒸し暑いわ蚊は飛ぶわで、クーラーのお世話になるほどです。家に帰ったらまずビール、風呂上りにはアイスクリーム、です。さすがにこれは、異常のようです。 学校の畑、なんでも野菜コーナーが菜っ葉でいっぱいになりました。子どもたちが、鬼はー外、と豆まきのように種を投げた畑です。もう間引きなんて無理、といいたいほどびっしりと野菜が生えています。色の薄いのがサントウサイ、緑がコマツナ、ときどきこぼれ種のゴーヤが顔を出しています。畑の先生masa56さんから、もうぜんぶとってしまえという指令が出ました。早く採れば、また次のが蒔けるでしょ、ですって。はいはい喜んで、です。1回や2回ではとても採りきれませんが。 サントウサイは、名古屋では見かけない野菜です。玉を結ばない白菜なのだそうです。柔らかくて生でも食べられますが、傷つきやすいので売り物にするのはなかなか難しいのでしょう。おひたし、豆腐と菜っ葉とどっちが多いかというくらいのゆし豆腐、炒めもの、スパゲッティ、豚肉と酒蒸し・・・ここのところ、毎日のように食べていますが、甘いしふっくらしているし、まったく飽きません。 我が家の駐車場の隣の畑。停まっているのは私の車です。masa56さんが草を刈ってくれたばかりなので、すっきりしています。山の懐に抱かれて暮らしているという感じが伝わるでしょう。この畑の野菜、みんな自家用だそうです。作業をしている人と立ち話。大根は切干にするんだけど、無農薬で葉が虫食いになっ…

続きを読む

もっと見る