相変わらずの那覇空港でした

久米島の家へ戻った途端、冷蔵庫の掃除を始めました。霜取りを兼ねて、電源を切って行ったから。そして、買い込んだ食料を詰め込みました。幸せ。 タイトルどおり、那覇空港は相変わらずの混雑で、飛行機は遅れまくりです。那覇空港への到着便が遅れるから、「機材の到着遅延により、出発時刻を変更します」のアナウンスが次々と流れます。今回、特に名古屋から戻る際に影響を受けました。まずはお決まりの「那覇空港混雑のため待機を命ぜられ・・・」で、那覇着陸が30分遅れ。久米島への乗り継ぎがぎりぎりとなりました。なんとか間に合ったからいいものの、久米島行の便では、またまたお決まりの「到着便遅延により・・・」で搭乗が5分遅れに。さらに「ライトのランプ交換のため、10分ほど遅れます」、ようやく滑走路へ出ても、「混雑のため、本機の出発は6番目、およそ20分後とのことでございます」だって。気のせいかどの航空会社も、遅延アナウンスでは空港の不備を強調しているような気がします。航空会社のせいじゃないよって。 結局、久米島へは30分以上遅れての到着でした。この程度なら良しとしなければ。何度か経験すると学習効果でおりこうになります。最初から、久米島行の最終便でなく、遅くてもその前の便に乗るようにしておけばいいんです。そしたら最悪でも、その日のうちには久米島へ着けます。 おまけその1。中部国際空港の通路わきに並ぶ雛人形の行列。寒いからか、帽子をかぶったりマフラーをしたり、マスクをしているお雛様もいました。リサイクルのひな人形で、日本の人々…

続きを読む

スリランカへ行ってみたいな

名古屋で、図書館へ行きました。スリランカのガイドブックを見に。久米島の図書室にも電子図書館にも、ガイドブックの類は全くありません。しいていえば、琉球エアコミューターの機内誌があるくらい。ついでにいえば、那覇の新県立図書館にもありませんでした。ちょっと不思議。 なぜスリランカか、ですが、春休みに行ってみようかなと思って。ずーっと前、6年生の総合学習の一環として、「自立のための道具の会」のみなさんにお世話になったことがあります。道具の会の主たる活動場所がスリランカなのです。以来、一度行ってみたいと思いつつ、名古屋からだとなかなか不便で見送りました。ところが那覇からだと、わりと手軽に行けるのです。なんといっても那覇-バンコクはたったの4時間ですから。4時間といえば、久米島から那覇まで、フェリーで行けば4時間かかります。バンコクでは空港を移動したりしないといけないのですが、時間はたっぷりあるし、シャトルバスもあるし、久しぶりのドンムアンへ行くのも楽しそうだし、まあなんとかなるでしょう。帰りはまた、名古屋へ戻ってこればいいんだし。 那覇空港は国際空港なので、外国へも行けます。アジア便が中心ですが、LCCも入っているし、バンコクやシンガポールで乗り継げばどこへでもいける感じです。といっても、地元でもツアーの人は成田へ出るようですが。 おまけその1。那覇空港の売店。ちょうどお昼時だったので、たくさんのお弁当が並んでいました。空港の職員と思しき人が入れ代わりして立ち代わり買っていきます。沖縄のお弁当は、量が…

続きを読む

那覇空港の困りごと

那覇から久米島への便は、なんと、ピンクのジンベイザメジェットでした。久米島空港で待ち構えていた作業車もジンベイザメの塗装です。青とピンクと2台並んでいたけど、 寄ってきたのはピンクの方でした。機体と色をそろえているのかも。 ところで名古屋-那覇の便ですが、朝早いからかすいていて(それにしてはチケットの値段は高かったけど)、だからかサービスがよかったので、以前からちょっと気になっていたことを聞いてみました。那覇空港のいろいろについて、です。とにかく時間通りに発着できないことが多い。出発便の案内板を見ていると、便数は4~5分に1本くらいです。その他に到着便もあるわけで、滑走路は1本しかないのだから、とても混雑します。名古屋-那覇の便にしても、時間によっては15分の間に4便もあったりするんです。那覇空港が混んでいるから、名古屋出発を遅らせるなんていうことも実際にあります。これはキャビン・アテンダントの人も認めていましたよ。那覇がからむと、スケジュールに狂いが出ることが多いって。東京オリンピックに来日した外国人観光客に、沖縄へも足を伸ばしてもらおうと、ただいま新しい滑走路とターミナルビルをつくっているところですが、(LCCのターミナルなんて、貨物倉庫の一画を間借りしていたくらいです)どうなんだろう。施設が出来上がったとしても、運営がうまくいかなければなんともならないし。遅延だけでなく、欠航もけっこうあるんじゃないかな。そうんると、離島への乗り継ぎに支障が出ます。石垣の店でも、今日は那覇からの便が欠航した…

続きを読む

これ、なーんだ!?

ヒント:機内預けの荷物です。他の荷物は名古屋から久米島まで続けて運んでもらえたのですが、これだけは「壊れ物注意」扱いの方がいいということで、一度那覇で受け取り、また預け直したのです。 那覇空港でベルトコンベアに乗って出てきたこれを見て、他の乗客に「つっぱり棒だ」と、信じられない顔で言われてしまいました。「離島なので、売っていないんですよ。ここからまた乗り継ぐんです。」と言ったら、「そうなんですか・・・」と気の毒そうな声で言われました。まあ久米島にも生活雑貨の店があって、売っていないわけではないんだけど、長いタイプ(143㎝のがほしかったんです)のものは、800円もするんです。ダイソーなら200円で買えるのに。だからさ、ダメでもともと、途中でこわれてもいいさ、と、持ってくることにしたのです。こういうふうだから、荷物がどんどんふえてしまうのです。久米島を出たときの荷物は機内持ち込み2個だけだったのに、帰りは機内預かり3個、機内持ち込み2個になってしまいました。ついつい、せっかくだから持っていこうかなあ、となっちゃうんだよね。つっぱり棒はこんなふうに、キッチンのカフェカーテンに使いました。でも、カーテンの方が1枚足りないよね。また、揃えます。 おまけ。セントレアで買った、学校用のお土産です。(味噌煮込みうどんは近所のスーパーで買いました。)夏休みには、手羽先味のポテトチップスが人気でした。一方、小倉トースト風味のハッピーターンはちょっとね・・・でした。空港売店の名古屋土産コーナー、見ているだけで…

続きを読む

久米島へ戻りました

朝、5時起きです。久米島-那覇間の、遅い時間の飛行機が取れなかったので、中部国際空港からも早い便に乗る羽目になってしまいました。7時にセントレアについたのですが、そのちょっと前から空が明るくなってきました。この時期久米島では、7時過ぎにしか明るくなりません。 孫のお年玉に、自転車をプレゼントしました。そのあとで一緒に庄内緑地公園を散歩しました。桜の花芽がふくらんでいます。枝を私の頭上に広げて準備万端、これを見ただけで咲いている情景が浮かびます。公園では、ソメイヨシノが咲き始めていました。久米島では寒緋桜が咲いているかもしれません。帰省する前は、そんなに長くいてもすることもないし、と思うのですが、戻る前になると、もうちょっといればよかったな、と思うのです。何よりも、帰省するたびに、息子が変わっていくのを確認できてうれしいです。ほんのちょっとずつですが。夏休みに戻った時には、ゴミをちゃんと出しているのに驚き、今回はお米が買ってあるのに驚きました。外食には飽きたらしいです。私が帰ってきたことを喜んでいる(らしい?)のを見るのもうれしい。10連休のゴールデンウィークは、全部名古屋で過ごそうかしら。もしかしたら、1月にもう1度名古屋へ戻る用事ができるかもしれないので、それが実現するのを期待します。 久米島空港を出て、いろいろ買い込んだ後、無事家に到着しました。時々雨が降るさえない天気ですが、気温22度、早速Tシャツに着替えました。 那覇空港に対するモンクがいろいろあるんだけれど、それはまた今度。

続きを読む

また那覇でストップだよ

石垣島へ行くつもりでした。でもうまくいかないことばかりで、結局那覇で1泊です。 まず、朝、那覇で石垣行きの便に乗り遅れました。乗り継ぎ時間の見通しが甘かったので、これは私が悪い。また切符を買って、次の便に乗ることにしました。そしたら、天候のせいで那覇空港の滑走路が閉鎖されてしまいました。それで石垣から飛んできた便が着陸できず、上空で滑走路の再開を待っていたんだけれど、結局石垣へ引き返しました。石垣空港は、夜閉じるのが早いみたいで、それまでには戻らないといけない、ということだったようです。 不幸中の幸い、那覇空港の滑走路は再開されたし、明日の便に振り替えることができました。でもなー、乗り遅れたり欠航したり、こんなこと長年海外旅行していても1度も出くわしたことはなかった。運がよかったということかな。久米島に移ってから、飛行機での移動がうまくいったためしがない。石垣から名古屋へ行く便の運航も、台風が来るようで、黄信号がともっています。 那覇では、昼間は12月15日にオープンしたばかりの沖縄県立図書館へ行ってきました。私も県民、「空飛ぶ図書館」の時に作った貸出カードも持っているのですが、郵送で返却しなければいけないそうです。島で返却を受け付ける場所があって、まとめて返してくれればいいのにね。図書館はホテルのロビーみたいです。部屋はなく、オープンスペースです。書棚も低くて、圧迫感はありません。ただ日本の小説なのに、作者の名前のアルファベット順に並んでいるのが不気味でした。館内は写真撮影ができないので、…

続きを読む

もっと見る