ラベル:野菜

カーテンと光と天窓と

島の民家では、床から天井までが開口部、つまりは窓になっています。でも天窓は高いところになるので、届かないから、たいていは開けっ放しか閉めっぱなしです。昔ながらの古民家では、部屋の中に日が入らず暗かったそうなので、その反動かしら。でも、自分で自分の家を建てた大工さんが呟いていましたよ。天窓なんて必要なかったな、これがなければ100万円は浮…

続きを読むread more

続・博物館のようなお墓

博物館のような、と書きましたが、実はこれ、反対なんだよね。堂の比屋のお墓と伝えられる崖下の墓地へ行って、本物を見た私は、博物館によくあるジオラマを思い浮かべて、博物館のようなお墓というタイトルをつけたのでした。でも本来なら、この本物のお墓の様子をジオラマで再現するんですよね。素人目からすると、りっぱな文化財なんだけどなあ。平石を積み重ね…

続きを読むread more

普段の暮らし

1月なのに25度を超える夏日もある久米島です。足元は年中クロックスでも過ごせます。実際去年はそうしていましたが、今年は畑へ行く機会が増えたからか、ちょっと寒い日には自然と長靴で動いています。 4時まで学校でお仕事。うちでちょっと休憩したら畑へ行って草取り。ほうれん草、どんどんとれます。草にまじってほうれん草をちぎってしまった時にはその…

続きを読むread more

野菜にかこまれて

福岡うまいものツァーから帰ったばかりですが、島でもおいしいとれたて野菜にかこまれての生活です。ちょっと畑から遠ざかっている間に、びっくりするほど大きくなっていました。左のチンゲンサイは炒め物に、右の山東菜は福岡土産のもつ鍋にしました。春菊。 大きく育ったのは鍋物に、小さいのは生で食べる。早起きの夫はたいてい朝食を作ってくれます。今日なん…

続きを読むread more

来年のことも考えないと

12月も半ばにして来年のことを考えるなんて、ちょっと早い気もするけれど、なんとはなしにそういう気分になっているので。 去年の今頃何をしていたかと思い出してみれば、穏やかな日々が続いたのは12月まででしたね。年を越したら、新年度はどうするの話が始まって、支援員の仕事を一応続けるつもりではいたものの、実に働きがいのない転勤の話が持ち上がっ…

続きを読むread more

名前が決まりました

いつかできるはずの我が家の牧場の名前のことです。平良なんて、この辺りではあまりにもありふれているから、平良牧場はダメ、なんかいい名前を考えてよ、と言ったら、最初はOK牧場…なんてつぶやいた夫ですが、そんな決闘が始まるようなのはダメ、と私に言われ、それじゃああの辺はタチジャミだから、それでどうかと。タチジャミ牧場か…いいじゃないですか。沖…

続きを読むread more

もっと見る

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29