ラベル:

また会えたね 久しぶりだね

 台風一過の秋空です。もう30度を超えるような日は戻ってきそうにない気がしてきます。来週末はスキンダイビングなんだけどなあ。 これといった予定がない3連休。隣りの渡名喜島行きには未練たらたらですが、フェリーがどうなるかわからないし、無理に出かけたところで、台風に見舞われた直後では、漁にも出られずフェリーも来ず、魚も食品もこちらより不自…

続きを読むread more

台風25号と島の宝

台風24号チャーミーは、久米島と本島の間を通り抜けていきました。久米島は台風の進路の西側、本島は東側です。おかげで久米島では、通行止めになったのは海岸沿いのほんの一部だし、久米島深層水に関わるイベントが中止になったのは残念だけれど、(深層水の関係で、久米島はハワイ島と姉妹島? になっているのです。その7周年を記念して、ハワイアンフェステ…

続きを読むread more

地域競技のなぞ

なぜ比屋定の運動会にだけ、奇妙な地域の競技があるのか。はじめは、田舎ならではの伝統なんだろうなと思っていたのですが、地域の人たちと話をしているうちに、だんだんそうではないことがわかってきました。 児童の数がどんどん少なくなっていく。その中で運動会を盛り上げていくためにはどうしたらいいのか。みんなで知恵を絞った結果が今の運動会。ですから…

続きを読むread more

運動会に馬牧場がやってきた

久米島馬牧場というのがあって、今でこそ隣の校区に移ってはいますが、発祥の地が比屋定なのだそうです。その比屋定の地に何か貢献したいということで、比屋定小学校の運動会に参加してくださっています。前日の下見の様子。5頭の馬がやってきました。当日は新任職員を乗せての障害物競走あり、トラックを疾駆するデモンストレーションあり、昼休みには、子どもた…

続きを読むread more

小さな比屋定の大運動会―地域の部―

正式には「比屋定校区大運動会」といいます。つまり、学校と地域の合同運動会です。テーマは「心は1つ 燃える比屋定 ヒヤミカセ!」ヒヤミカセというのは、だれに聞いても、わかってはいるんだけどうまく説明できない言葉のようです。子どもたちにいたっては、「知らない」「わからない」です。どうも、がんばるぞ、おーっというような感じの言葉のようです。ま…

続きを読むread more

もっと見る

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31