ラベル:サトウキビ

久米島の黒さーたー(黒糖)

久米島産、昔ながらの手作り純黒糖(向かって左)。おやつ村に売っています。ほのかな緑色がかかった茶色、噛まなくても舌でつぶせる柔らかさです。1かけら口にしただけで、右側の加工黒糖との違いが分かります。値段もずいぶん違うよ。純黒糖は加工黒糖の約7倍です。 職業人講話として、このお店のお嫁さんが学校へやってきて、興味深い話をしてくれました。…

続きを読むread more

グランドゴルフ大会

例年の催しですが、今年はタイトルから「チャリティ」の一言がなくなりました。参加費が1人1000円、バザーやなんだかんだで24万円くらい集まっていたみたいです。けれどもこのお金、当然のことながら使い道が限定されるし、使える範囲も、本来公費または保護者の負担でなされるべき性質のものなので、町の教育予算が乏しく、子だくさんで親が大変だった昔な…

続きを読むread more

総会のお知らせ

新緑の頃、製糖期も終わりキビの手入れで大変忙しい時期でありますが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。さて本部落では下記の日程で部落総会を開催します。つきましてはご出席致しますよう(ママ)ご案内申し上げます。という連絡が来ました。「キビ(サトウキビのことです)の手入れ」というところが、いかにも久米島、比屋定らしくて…

続きを読むread more

サーターつくり

サーターというのは砂糖、砂糖といっても、この地では黒糖つくりのことです。学校田の横に生えているサトウキビを刈り取り、搾って煮詰めて黒糖を作ろうというわけです。 ところが、お店がサトウキビを搾るのは2月の下旬からだということで、今年は日にちが合いませんでした。そこでmasa56さんは、古巣の久米島製糖から製糖途中の黒糖汁を持ってきてくれ…

続きを読むread more

映画「洗骨」

映画「洗骨」、奥田瑛二主演、沖縄で先行上映されています。隣りの粟国島(あぐにじま)が舞台です。隣りといっても、直接の船の便はないので、いったん那覇に出て、そこからまたフェリーに乗ることになりますが。粟国島には飛行場はあるけど、定期便はありません。[ここに地図が表示されます]名古屋で退職した時に、どこの南の島へ行こうかいろいろ探したとき、…

続きを読むread more

密着! サトウキビ刈り取り!

仕事の1年間のしめくくり、活動報告会に出かけた帰り道、偶然にも見つけました。隣りの集落宇江城で、サトウキビ収穫の真っ最中。宇江城岳のすそ野に、区画整理も赤土流出防止措置も終わった整然とした農地が広がっています。人家がないから外灯もなく、夜は真っ暗でこわいぐらいな地区なんだけど。 機械も停まっているようだったのでのこのこ入り込んでみたら…

続きを読むread more

サトウキビの収穫と三線

1月から、三線のおけいこが両日とも6時からとなりました。サトウキビのせいです。なぜサトウキビと三線のおけいこの時間が関係しているかというと・・・ 私の三線の先生は、普段はサトウキビを作っています。1月から3月まで、この3か月に、全てのサトウキビを収穫しなければなりません。なぜなら、島で唯一の製糖工場である久米島製糖が、この3か月しか受…

続きを読むread more

サトウキビ授業

3年生の社会科の授業では、「工場でものを作る仕事」か「農家の仕事」のどちらかを選択します。久米島の小学校では前者を選択し、泡盛工場へ見学に出かけます。比屋定校でもそうです。工場が学校の隣にあるのですから。けれども学期末に少々時間の余裕があったので、サトウキビ作りの仕事についても勉強することにしました。なんといっても、masa56さんとい…

続きを読むread more

てんさぐぅぬ花

てんさぐぅの花というのは、ホウセンカのことです。この歌、いつかは習うんだろうなと思っていましたが、ついにその時となりました。基本のキーだと、すごく高いんだよね。上のファまである。頭声でなら何とかなるんだけど、やっぱり三線には合わないと思うし、チンダミ(調弦)も習い始めたので、早く自分で下げられるようになるといいんだけど。 いつだったか…

続きを読むread more

久米島産業祭り、番外編

まーさん編、園芸編、将来(または大人の社会見学)編で締めくくるつもりでしたが、その中に入らないものもいっぱいあって、番外編を追加します。 午後のメインイベントは「ヒージャーおおらせー」、今年初めての試みです。ヤギの闘牛? 闘ヤギのことだそうです。見た人から聞いた話ですが、ヤギたちには戦意が全く見られず、試合にならなかったそうです。 …

続きを読むread more

久米島の産業祭り、将来編

産業祭りのいろいろな展示から。 久米島にも、小型電気自動車コムスがあったんですね。町役場のものだそうです。5台もあるそうですが、これまで見たことありませんでした。言われてみれば、久米島マラソンの時に広報の人が乗っていたけれど、これは実用というよりは、ショーアップとして使っていたんじゃないかな。なにせ50m先へ行くにも車に乗る土地柄で、…

続きを読むread more

イベント盛りだくさん

この秋から冬にかけての島のイベントは、こんな感じです。10月28日(日) 第30回久米島マラソン10月31日(水) コンサート「琉球芸能と西洋楽器のハーモニー」11月 3日(土) 久米島文化祭(民俗芸能や空手の型・演舞の発表)11月 4日(月) 久米島8500人の夢まつり(実際は、10月末現在で7881人だけどね)11月10日(土) 久…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31