ラベル:バヌアツ

Summer flowers not ready yet

ゆめバヌアツにいた時のホームスティ先が、ママルーシーのおうちでした。庭が広くて、いつも季節のいろいろな花が咲き乱れているおうちでした。今回のタイトルは、そのママルーシーのFB投稿からです。南半球に位置するバヌアツは、これからが夏本番、花盛りのシーズンです。たくさんの花の写真を見ていたら、なんだか悲しくなってしまいました。みんな、これとい…

続きを読むread more

比屋定植物楽園

と、私が勝手に名付けてみました。久米島には、久米島熱帯果樹園と、南島食楽園というのがあって、なんとなく、その2つからの連想です。 比屋定校の校長が園芸大好きだと知れ渡るようになってからというもの、村の人からの植物の持ち込みが増えました。この鉢の木、すごいでしょ。同好の士、お花見パーティーの人から、植え替えるのも面倒だからあげるよという…

続きを読むread more

ゆんたく名古屋場所

ゆんたくというのは、沖縄の言葉で、おしゃべりのことです。私が名古屋で過ごす最後の週末、長男とその友達が、私のためにお別れ会を開いてくれることになりました。自宅でたこ焼きパーティーです。作りながらしゃべりながら食べながら、別れを惜しんでくれるんですって。まさに、ゆんたくです。なかなか忙しい会だよね(笑)。 このお友達は長男の親友なんです…

続きを読むread more

久米島直送果物、届く

宅急便の人が、重いから気を付けてくださいねっていうくらいの箱が届きました。あけたら、色鮮やかで、宝箱みたいでした。マンゴとドラゴンフルーツ。黄色のマンゴは、食べるにはまだ早い。ビニール袋に入っているのは規格外のお買い得品。パッションフルーツとパイナップル。パッションフルーツがこんなに大きくなるとは知らなかった。バヌアツでも見たことないよ…

続きを読むread more

夏か終わるの、早すぎ

6月に本島で買い物して以来かな、久しぶりの買い物です。1年分の夏服を買おうと張り切ってきたのに、なんとお店はすっかり秋模様。肩透かしを食らった気分です。7月中なら大丈夫だろうと思ったのに。そして8月、最初の週末が終わったらもう半額だけど、これといって気に入ったものもなく、結局秋物を買う羽目になるのでした。久米島は、年中夏物でもいけちゃう…

続きを読むread more

島くとぅば(言葉)の優しさに包まれて

最近、「ゆたむに」という言葉を知りました。独り言という意味だそうです。「ゆた」は奄美・沖縄地方のシャーマンのことです。神の憑代として語る時の様子が独り言を言っているみたいということのようです。「朝比奈さん、またゆたむにしてる。」というふうに使います。1人暮らしだと、ゆたむにすることが増えるみたい。 体調を崩して、三線のおけいこを休…

続きを読むread more

スリランカ編のおまけ

JICAのホームページをチェックしていたら、「2019春募集のスリランカ国派遣取りやめ」のニュースが載っていました。理由は、4/21の爆弾テロ事件を受けて、今後の治安状況が不透明であること、だそうです。6/6の日付だったから、2次試験の面接直前です。ギリギリまで派遣の可否を検討したということなのでしょう。42件の派遣要請が水の泡と消えて…

続きを読むread more

Keisho Art Exihibition

スリランカで、ガーミニさんといろいろ話したんだけど、その中で子どもたちの絵の展覧会の話が出ました。ガーミニさんはここ数年、スリランカの各地や日本で、スリランカの子どもたちの絵の展示会を行っているのだそうです。この6月下旬には京都で行われるし、9月にはスリランカの地方都市で開かれます。首都のコロンボで開くのはあまり意味がない、それよりも、…

続きを読むread more

続・久米島で、上野千鶴子の式辞を読むことの意味

上野千鶴子の東大学部入学式式辞を読んで共感した点、(もしよかったら、1つめ「久米島はフェミニズムの島」についてはこちらをお読みください。)2つめの「変化と多様性に開かれた大学」について引用します。(改行は私。) あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報…

続きを読むread more

うーん、肉!

肉というよりもね、牛を食べたという感じ。塩コショウとにんにく、仕上げにワインという、私のいつものスタイルで焼きました。外側はミディアムでも、中は当然レアです。分厚いから。付け合わせはもちろん、同じくもらった野菜。ピーマンなんてすごく肉厚で、うれしくなっちゃう。バヌアツでもこんなふうにガツガツ食べていたのを思い出しました。まさか日本でもで…

続きを読むread more

バヌアツのことを知ってほしいな

学校では、月に1回くらいかな? 「先生の講話」の時間があります。講話といっても大げさなものではなく、テーマは担当の先生の自由だし、時間も10分くらいのものです。 これまでに私も2回担当しました。1回目は自己紹介も兼ねてバヌアツの写真を見せました。といってもカレンダーなので、美しい海の風景など観光写真です。2回目は12月、活動先のフレッ…

続きを読むread more

久米島からバヌアツへーカレンダーの旅ー

学校で余ったカレンダーをもらって、バヌアツ・ナバンガ ピキニニ友好協会へ送りました。沖縄のカレンダーって、たとえばこんな感じです。ちょっと違うでしょ? ムーチーの説明だって、ちゃんとのっています。南太平洋の小さな島国、バヌアツ共和国。バヌアツの算数科のカリキュラムには、カレンダ―が取り上げられています。確か5年生だったかな。カレンダー…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31