ラベル:泡盛

ベンチがほしい

新しい我が家の庭に必須のベンチ、どこで手に入れるのかなと思って、気安い人に聞いてみました。そしたら、今うちに入ってもらっているペンキ屋さんが作るさ、あの人は天然木を天板にして机を作ることもする人だから、ということでした。そこで色の確認に来てくれたペンキ屋さんに聞いてみました。うーん、暇だったら作ってあげてもいいんだけど、ここの所忙しいか…

続きを読むread more

おそろしい話を聞かされました

3週間後には新居に引っ越すのですが、村の人から恐ろしい話を聞かされました。新居に越したら、みんなが集まってきて夜な夜な飲むことになるよ、と。隣りで飲みながら聞いていた夫も、うんうんとうなづいているので、とうにそのつもりなのでしょう。島では、自然とそうなるんだって。暗くなってからの娯楽って、飲むぐらいしかやることないんだし。かといって毎晩…

続きを読むread more

酔っ払い対処法

島人は、老若男女を問わず酒が大好きです。女の人の中には嫌い、飲まないという人もいますが、少数派です。飲むのが大好きな夫を酒とどうつき合わすか、試行錯誤中です。(つき合わす、というのは、直訳するとつき合わせる、ですが、 沖縄語での使役は、内地のそれと比べるととても軽い意味合いです。)今のところ、有効かなと思ったのは1人で帰ることにする、で…

続きを読むread more

酒と、酒の好きな人と、どう付き合うか

近所のモヒートの飲み屋さん、メニューにワインがないので、持ち込みでもOKということになり、2晩連続で行くことになってしまいました。私、おしゃべりのためのおしゃべりって、苦手です。お酒は好きだけど、そうは飲めないし。その辺は夫もわかっているとみえて、ワイン、ピザ、三線等々小道具を使ったり、誰でも気の合う人を呼んだらいいとか、いろいろと知恵…

続きを読むread more

久米仙モヒート

女子会帰り、学区唯一にして、うちのすぐ近くにある飲み屋さんへ。私の留守をもっけの幸いと飲んでいる夫を連れ戻しに行き、ついでに(うーん、どっちがついでだかははなはだ疑問だけど)かねてより念願の「久米仙モヒート」を飲む。自家製ハーブ(レモングラス、ミント、シークワーサー)に久米仙(泡盛)2、炭酸8、うすいからね、飲みやすいカクテルです。ここ…

続きを読むread more

続・「ゆくい処笑島」で忘年会

2学期終業式の日、学校の忘年会当日です。(会場の説明については、こちらをどうぞ。)ちょうどクリスマスの夜ということで、お店は私たちの貸切ですが、おうちでパーティーをする人たちが、次から次へと予約のオードブルを取りに来ます。その中には保護者も。人気のお店です。 さて、お料理です。1人3500円で、飲み放題ではないけれど、飲み物もたっぷり…

続きを読むread more

サトウキビ授業

3年生の社会科の授業では、「工場でものを作る仕事」か「農家の仕事」のどちらかを選択します。久米島の小学校では前者を選択し、泡盛工場へ見学に出かけます。比屋定校でもそうです。工場が学校の隣にあるのですから。けれども学期末に少々時間の余裕があったので、サトウキビ作りの仕事についても勉強することにしました。なんといっても、masa56さんとい…

続きを読むread more

いちばん近くのレストラン

こちらに来る前には、比屋定には店も何もないと聞いていました。まあそういっても間違いではないくらいなのですが、隣りの集落、宇江城には2軒、お店といってもいいかな、といううちがあります。1軒は、子どもが行く駄菓子屋さん。ノートや鉛筆など、最低限の文房具も売っています。クロネコヤマトの宅急便も、ここで頼むことができます。島の郵便局は2軒あるけ…

続きを読むread more

町民駅伝大会

もちろん出ないけど、応援に出ました。島の周回道路がコースだから、うちのすぐ前も通ります。地区別の15チーム(多分)が出場、うちは比屋定校区、つまり比屋定と宇江城の合体チームです。比屋定校の最高学年5年生から男女各2人、保護者も50歳台と40歳台の部で各1人、職員では、20才台の部で図書館司書も出ます。変わり種としては、自衛隊員も出ます。…

続きを読むread more

山里ゆんたくでお買いもの

毎週2,3回は立ち寄るので、すっかり常連さん扱いです。今回はミニトマトの苗を買いに行ったのですが、こんな箱に入れてくれました。牛乳パックではありません。1回り大きい久米島の久米仙、泡盛1.8リットルのパックです。ゆんたくかあさん(ここではスタッフのことをそう呼んでいます)いわく、「のんべぇがいるもんだからねえ、使ってみようかと思って。」…

続きを読むread more

「久米島の久米仙」泡盛工場の見学

久米島の久米仙へ。工場は学校のすぐ隣にあります。工場からは、毎朝ラジオ体操が聞こえてくるし、正午のサイレンも聞こえてきます。3年生3人のうち2人の家族の職場だし、もう1人も「おじいと一緒によく買いに来るさー」だって。見学する子どもがたったの3人ということで、めんどうがられるかと思いきや、「(人数が少ないと)楽でいいなあ」と歓迎されました…

続きを読むread more

久米島の琉球ガラス

名古屋からこちらへ来る時に、割れないようにプラスティックの食器を送りました。(結局、こちらでも買えないことはなかったけど。100円が130円になるだけで。)こちらでの生活に慣れるにつれて、やっぱり味気ないなあと思えてきて、お茶碗、小皿などの陶器を買いました。といってもここ久米島では陶器は作っていないので、ぜんぶ内地のものです。 味気な…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29