ラベル:

牛のオーナーになるつもり

なんだかんだと、久米島へやってきてから2年が過ぎようとしています。車も買ったし引越しもしたりといろいろ物入りだったはずなんだけど、なぜだか貯金もできていて、自分でもびっくり。もっとも名古屋への帰省や滞在費、名古屋の自宅の維持費、海外旅行の費用などは別会計で、純然たる久米島での生活費だけの話ですが。 せっかくたまったお金なので大切に使い…

続きを読むread more

牛の先生ができました

近所に住む夫の半分いとこ、年間180頭の仔牛を生産している人です。これは久米島で第2位の数字なのだそうです。牛舎も、うちのものよりもうんと大きい。年間180頭といったら、2日に1頭生まれることになるじゃないですか。1頭50万円としても、すごい売り上げですよね。 競り市の後、この人も我が家へ飲みにやってきました。この人と飲むのは2回目で…

続きを読むread more

バイバイ、仔牛くん

奇数月の18日は、久米島で牛の競り市が開かれます。土日に重なるとは限らないので、私は昨年の5月に一回見にいったきりです。その時はまさか、自分が関係者になるとは思ってもみなかったのでしたが、まあいろんな成り行きで今は私も肥育農家の妻、しかもこれから牧場の女主人になろうと企んでいるくらいですから、これはもう立派な関係者です。今回は冬のせいか…

続きを読むread more

和牛組合からのお知らせ

ポストにどーんと入っていました。肉用牛繁殖カレンダーですって。これって、私が考えているモーモーカレンダーのことですよね。なーんだ、ちゃんとあるんじゃないですか。アナログもアナログの手書き版だけど。上手な牛の育て方、毎日のお世話の仕方もあって、至れり尽くせり、初心者の私には大変に参考になります。これは母牛バージョン。これは子牛バージョン。…

続きを読むread more

名前が決まりました

いつかできるはずの我が家の牧場の名前のことです。平良なんて、この辺りではあまりにもありふれているから、平良牧場はダメ、なんかいい名前を考えてよ、と言ったら、最初はOK牧場…なんてつぶやいた夫ですが、そんな決闘が始まるようなのはダメ、と私に言われ、それじゃああの辺はタチジャミだから、それでどうかと。タチジャミ牧場か…いいじゃないですか。沖…

続きを読むread more

モウモウカレンダー

今日つけてきた、と夫が口にする日が続き、なんのことかと聞いてみると、牝牛に種をつけた、つまり受精させてきた、ということでした。いつも牧草刈りの話ばかりだったのに、やっと肥育農家らしい話になってきたなと思って、根掘り葉掘り聞いてみたら、もう、驚くことばかり。 まず、牛は20日周期で発情するんですって。牛舎には、成牛はメスしかいないので、…

続きを読むread more

牧草を刈る

いったいどこの国の、どこの土地の夕景色なんだろう。そんなふうに思いませんか。私の住む久米島、宇江城の村はずれにある牧草地、この日の夫の仕事場です。刈り取った牧草を天日で乾燥させます。トラクターの後ろに取り付けられた機械が乾燥した草をばくばくと食べて、お腹がいっぱいになると自動的に、ぼこっと大きなロールを吐き出します。なんだかとても人間的…

続きを読むread more

ゆんたく名古屋場所

ゆんたくというのは、沖縄の言葉で、おしゃべりのことです。私が名古屋で過ごす最後の週末、長男とその友達が、私のためにお別れ会を開いてくれることになりました。自宅でたこ焼きパーティーです。作りながらしゃべりながら食べながら、別れを惜しんでくれるんですって。まさに、ゆんたくです。なかなか忙しい会だよね(笑)。 このお友達は長男の親友なんです…

続きを読むread more

上阿嘉の牛舎(見学編)

すごーく前の、夏休みに入る前のことですが、3年生の子どもたち3人を連れて、牛舎の見学に行ってきました。 赤ちゃんは、やっぱりかわいいですね。大きな母牛より、人懐っこい気がします。この牛舎では、赤ちゃんは哺乳瓶で育てられるんですよ。その方が、母牛が早く発情するので次の子を産めるから、ですって。そういえば大きな角柱のような哺乳瓶がうちにも…

続きを読むread more

ビーフシチューができあがる

朝から、庭でビーフシチュー作りが始まりました。直径50センチ、深さ1mはあろうかという寸胴鍋で肉を炒め、6リットルのワイン(もっとだったかな)を入れて煮ます。鍋はもちろん、木べらでさえ私では重くて持ち上げられない。ニンニクと玉ねぎを投入。4キロのデミグラソースも。はじめは10時間ほど煮るという話だったけど、6時間くらいで肉も柔らかくなり…

続きを読むread more

名古屋へのお土産

大量の玉ねぎにニンニクの他に、牛肉約20キロ。牛肉は、自分の牛舎の牛を1頭つぶした時の一部。業務用の大きな冷凍庫の中に、いっぱいある。一晩かけて解凍しました。これは脂肪が細かく入って美味しいはずだから、ステーキにしなさいだって。白い脂肪は取って、どんどん切り分けていくと肉屋さんに売っているようなシチュー用の肉になりました。これでビーフシ…

続きを読むread more

上阿嘉の牛舎(下見編)

3年生社会科久米島の土地利用の学習、低い土地(車海老養殖場とダイブショップ)に続き高い土地です。学区の上阿嘉(うえあか)地区にある知念さんの牛舎へ、あいさつと事前のお願いに行ってきました。牛舎の隣りの放牧場です。この仔牛は、7月の競り市に出すんですって。だから、削蹄(さくてい)といって、ひづめを削っているところです。晴れ舞台に備えて、念…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31