ラベル:運動会

また会えたね 久しぶりだね

 台風一過の秋空です。もう30度を超えるような日は戻ってきそうにない気がしてきます。来週末はスキンダイビングなんだけどなあ。 これといった予定がない3連休。隣りの渡名喜島行きには未練たらたらですが、フェリーがどうなるかわからないし、無理に出かけたところで、台風に見舞われた直後では、漁にも出られずフェリーも来ず、魚も食品もこちらより不自…

続きを読むread more

運動会の華、エイサー

夏休みのサマースクールで、朝1時間、エイサーの練習が始まりました。3年生以上の子どもたちが演じます。職員室の一隅に、こんなふうにして形も大きさもいろいろな太鼓がしまってあります。たくさんありすぎて、数える気にもならなかったけれど、300人の児童生徒がいたころの名残なのでしょうね。衣装や頭巾、腰ひも、脚絆もたくさんあります。 エイサーは…

続きを読むread more

続・小さな比屋定の大運動会―子どもの部―

運動会の日、BGMはぜーんぶ安室奈美恵でした。ちょうど引退の日でしたから。 そんな中子どもたちは、席を温める暇もないくらいでした。なにせ人数が少ないので、どの子もつねに何かの協議に出ているか、お手伝いをしているか、です。まあそれは、先生たちも一緒だけど。なにせ校長や教頭も、選手集めという大切な仕事があるくらいです。地域の部では、事前に…

続きを読むread more

地域競技のなぞ

なぜ比屋定の運動会にだけ、奇妙な地域の競技があるのか。はじめは、田舎ならではの伝統なんだろうなと思っていたのですが、地域の人たちと話をしているうちに、だんだんそうではないことがわかってきました。 児童の数がどんどん少なくなっていく。その中で運動会を盛り上げていくためにはどうしたらいいのか。みんなで知恵を絞った結果が今の運動会。ですから…

続きを読むread more

運動会に馬牧場がやってきた

久米島馬牧場というのがあって、今でこそ隣の校区に移ってはいますが、発祥の地が比屋定なのだそうです。その比屋定の地に何か貢献したいということで、比屋定小学校の運動会に参加してくださっています。前日の下見の様子。5頭の馬がやってきました。当日は新任職員を乗せての障害物競走あり、トラックを疾駆するデモンストレーションあり、昼休みには、子どもた…

続きを読むread more

星空ごくろうさん会

運動会のことは、びっくりがいろいろあって、書きたいこともいろいろあるのですが、まずはしめくくりとでもいうべきご苦労さん会について。本当に心に残ったから。 場所は我が家から徒歩1分の比屋定公民館。まだ明るい5時から始まりです。行ってびっくり、こんな感じ、屋外です。公民館建物の前の庭です。そういえばどこのうちも、家の中よりも庭の方が広い。…

続きを読むread more

小さな比屋定の大運動会―地域の部―

正式には「比屋定校区大運動会」といいます。つまり、学校と地域の合同運動会です。テーマは「心は1つ 燃える比屋定 ヒヤミカセ!」ヒヤミカセというのは、だれに聞いても、わかってはいるんだけどうまく説明できない言葉のようです。子どもたちにいたっては、「知らない」「わからない」です。どうも、がんばるぞ、おーっというような感じの言葉のようです。ま…

続きを読むread more

自称、園芸副主任になりました!!

自称園芸副主任に就任した記念に、作業用長靴を買いました。(あくまでも自称、です。 支援員というのは、校務分掌は受け持たない職種だから。 とはいうものの、ホームページを更新したり、授業もしたりしているんだけどね。)教頭先生にそう言ったら、「副はとってもいいですよ」と笑って言われましたが。長靴は、アマゾンでお買いものです。金曜の夜に注文して…

続きを読むread more

エイサーはすごいよ

お盆が近づいてきました。こちらは旧盆で迎えるので、毎年日にちが変わります。今年は8月23・24・25日。 ちょうど夏休みの終わりです。年によっては9月になることもあり、学校も半日休みになる島もあるとか。そういえば先生たちも、3日間のうち1日、特別休暇をとれるみたいです。ご先祖様をお迎えして送り出すという趣旨は内地と同じです。 内地の盆…

続きを読むread more

ちょっとお隣りまで

久米島に4か所ある城跡のうちの1つ、登武那覇(とぅうなは)城跡に登りました。城跡そのものは山の中腹にあるのですが、山頂の展望台まで車で簡単に行けます。海上に白く伸びているのが砂だけの島「はての浜」、その向こうにかすんで見えるのが渡名喜島。よし、あそこへ、行こう。というわけで、片道2時間の隣島、渡名喜島へ行くことにしました。[ここに地図が…

続きを読むread more

クメシジマンチュはTシャツがお好き?!

クメジマンチュというのは、久米島+島人(シマンチュ)の意味の造語で、久米島の人、というくらいの意味です。Tシャツが好きというか、正しくは背中にメッセージをしょったTシャツが好きなようです。私がそう言ったら「え、みんな(日本人みんな、という意味でしょう)そうじゃないの?」と言われてしまったぐらいなので、私の推測は当たっているのでしょう。ま…

続きを読むread more

また台風の週末

今度は7号です。5,6,7号、次々とやってきて、来なかった週末は慰霊の日(6月23日)の週だけです。これまで大した被害も実感もなかったので、私は台風と聞いても「またかい、来る来るって、オオカミ少年みたいだなあ。」なんて思ったのですが、今回はどうも様子が違う。確かに天気予報の予想コースでは見事に久米島直撃コースだし、暴風圏もできてくるとい…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31