ラベル:集落

2年目、比屋定の秋

2学期になって初めて、ピアノや三線のおけいこ、町まで下りて行ってお買いものなど、ひまだなあと思えるほどの、ゆったりとした休日を楽しむことができました。ずっと散歩もしていなかったんだけど、まずは徒歩通勤から再開するつもりです。この写真の小さな建物は、多分御嶽(ウタキ)。教員宿舎のすぐ近くにあります。どうして今まで気づかなかったんだろうと思…

続きを読むread more

梅雨に入ったから、散歩

平年より1週間遅れで梅雨に入りました。去年はさらに遅く6月1日、空梅雨で、梅雨なんだかどうかよくわからないようなうちに、平年並みの6月23日にはあけたものの、その後は大雨、土砂崩れ、通行止め、台風と、ろくでもない日々が続いたのでした。それでも、梅雨時期の本来の湿気はこんなもんじゃないぞ、と脅されています。5/20の朝は、180mm/hの…

続きを読むread more

総会のお知らせ

新緑の頃、製糖期も終わりキビの手入れで大変忙しい時期でありますが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。さて本部落では下記の日程で部落総会を開催します。つきましてはご出席致しますよう(ママ)ご案内申し上げます。という連絡が来ました。「キビ(サトウキビのことです)の手入れ」というところが、いかにも久米島、比屋定らしくて…

続きを読むread more

比屋定三線デビュー!! (ゆんたく編)

宇江城集会場で開かれた、PTA主催の転任教職員送別会。図々しいにもほどがある三線デビュー演奏編の続きです。 今回は、全教職員に対して教頭からこんな指令が出ていました。「先生たちだけで固まっていることが多いから、 なかなか声をかけて話をすることができない。 ぜひ先生たちの方から輪に入って来てほしい。」というわけで、三線もだけど、おしゃべ…

続きを読むread more

比屋定三線デビュー!! (演奏編)

まだ明るい夕方5時半、会はいつものごとく、教職員と保護者という学校関係者が時間前に現れ、あとは三々五々、ばらばらです。早く来た人から、勝手に飲み食いを始めます。遅れてくる人が悪い、というわけです。それは気楽でいいんだけど、Mさんもソケイさんもなかなか姿を見せないし、気が気でない私はビールを飲んでもちっとも酔えないさ。 サーうれーし恥ず…

続きを読むread more

宇江城集会所で県民投票

投票日の2週間ほど前から、毎日のように防災無線で「不在者投票のお知らせ」が流れています。バーデハウスには、「辺野古県民投票の会」が作った立派なガイドブックが置かれていました。久米島では、住民投票に反対なんて言う話もなかったし。でもきっと、投票日当日はともかく、他の都道府県ではさほどの話題にもなっていないのではないでしょうか。私も愛知県知…

続きを読むread more

昔をあぶり出せるかな

3年生社会科「昔のくらし」の学習で、学区に住んでいるさんに、子どもたちに昔の生活の様子を話してもらいます。そのうちあわせに行ってきました。電話してもちっともつながらなくって、理由は、畑へ出て忙しかったからって。だから夕方においでって。そうか、サトウキビだな。でもこのおうちは専業農家ではないはずだけど、頼まれて手伝いに行ったのかもしれない…

続きを読むread more

真謝(まじゃ)で散歩

久々の集落散歩編です。(西銘で散歩、仲地で散歩、宇江城の散歩道など、ラベルの"散歩"も見てね。)真謝(まじゃ)はも久米島では古くからある集落で、学者仲原忠善を出した土地です。 以前からの集落の様子がよく残っている地区で、町の計画保全地区に指定されていたと思います。フクギの防風林や赤瓦の民家の家並みのことです。フクギについては、やむをえ…

続きを読むread more

いちばん近くのレストラン

こちらに来る前には、比屋定には店も何もないと聞いていました。まあそういっても間違いではないくらいなのですが、隣りの集落、宇江城には2軒、お店といってもいいかな、といううちがあります。1軒は、子どもが行く駄菓子屋さん。ノートや鉛筆など、最低限の文房具も売っています。クロネコヤマトの宅急便も、ここで頼むことができます。島の郵便局は2軒あるけ…

続きを読むread more

町民駅伝大会

もちろん出ないけど、応援に出ました。島の周回道路がコースだから、うちのすぐ前も通ります。地区別の15チーム(多分)が出場、うちは比屋定校区、つまり比屋定と宇江城の合体チームです。比屋定校の最高学年5年生から男女各2人、保護者も50歳台と40歳台の部で各1人、職員では、20才台の部で図書館司書も出ます。変わり種としては、自衛隊員も出ます。…

続きを読むread more

西銘(にしめ)の、陽だまりの中で

いつもの週末のように、島の図書室へ行った帰りです。今日はまだ野菜もいっぱいあるしなー、山里ゆんたくへ行くと買いすぎちゃうからやめようかなー、なんて思って車を走らせていたら、紬の糸を染色して干している風景を発見。西銘(にしめ)ユイマール、久米島紬の共同作業所です。久米島紬と呼ばれるものは、染色から織りまで、1人の職人さんがすることになって…

続きを読むread more

三線 ひとりぼっちかな

三線のおけいこのことです。初心者入門コースを終了して、なんとか初級コースに入ったという感じです。半年、かかりました。 一緒におけいこをしている高校生の子、部活動にテストにと、いそがしいんだよね。彼女のベースで、なんとか続けられるようにと思って、私としてもいろいろ気を使ってみたのですが、うまくいかない。先生には、私はおけいこの曜日にはこ…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31